未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

実はあなたも持っている!透視能力「クレアボヤンス」とは?

      2016/12/09

smartphone-1445448_1920

今回は、サイキック能力のひとつである「クレアボヤンス」についてのお話です。

 

 

クレアボヤンスとは、サイキック能力の一つで、霊視や透視などの能力のことです。

 

 

実はこの「クレアボヤンス」という透視能力は、開発すれば誰でも使えるようになるんですよ

強弱はあれど、人にはもともと何かしらのサイキック能力が備わっているといわれているのです。

 

そのため、あなたが「霊感がない」「超能力とか全然詳しくないし縁がない」なんて思っていたとしても、訓練すれば能力が開花する可能性が十分にあるんですね。

 

それどころか、能力の片鱗が見えているにもかかわらず、あなたがそれに気づいていないだけという可能性もあります。

自分の能力を「クレアボヤンス」だと認識して受け入れなければ、損をするばかりかその能力を不調や幻覚だと勘違いして苦しむことになりかねません

 

今回は、「クレアボヤンスとは何か」というところから、「クレアボヤンスを開発させるための訓練方法」についても解説しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

 

クレアボヤンスとは?

クレアボヤンスとはサイキック能力の一つで、実は人間が本来兼ね備えている能力です。

 

サイキック能力には4つのタイプがあります。

  • クレアボヤンス=霊視・透視
  • クレアオーディエンス=霊的聴覚
  • クレアエンパシー=霊的感覚
  • クレアセント=霊的嗅覚

クレアボヤンスはその中でも視覚に関する能力のこと。

第6チャクラに当たる額中央にある「サード・アイ」と呼ばれる第三の目で、霊的な存在を見ることができる、という能力です。

 

また、人や物の情報を直感的に読み取ったり、別次元からの現在・過去・未来の情報を得たりすることができます。
予知夢もその一つです。

 

*チャクラについてはこちらの記事で紹介しています。
「7つのチャクラを開いて人生を好転させる方法」

 

 

クレアボヤンスが使えるようになれば、危険を事前に察知したり、見えたものを進むべき方向の指針にしたりと、生きる上でとても役に立ちますね。

 

 

クレアボヤンスは、誰もがもともと持っている能力ですが、
使わなければ段々と封印されてしまい、発揮されることがなくなります

元々持っているのに使えなくなってしまうなんて、なんだか勿体無いですよね。

 

 

しかし、訓練すれば眠っていたサイキック能力は再び開発し、使うことができるようになります。

クレアボヤンスはサイキック能力の中でも一番ポピュラーなので、開花しやすい能力なのです。

 

 

クレアボヤンスの見え方

クレアボヤンスの見え方は人によって違い、様々な形で霊視が現れます。

 

  • 予知夢、白昼夢を見る
  • 特定のビジョンがまるで映画のように頭に浮かぶ
  • 特定のビジョンがまぶたの裏に浮かぶ
  • 直感的に全体のイメージが感じ取れるような、言葉や数字が見える
  • メッセージを伝えてくれる守護霊が見える
  • 実際にそこにあるようにビジョンが見える

 

など、間接的、直接的にはっきりと観ることができます。

 

 

 

また、はっきりとした霊視でない場合もあります

あなたにも、以下のような経験があるのではないでしょうか。

 

  • とても鮮明な夢を見て、それが現実と一致することがある
  • 鍵や財布などをなくした時、置き忘れた場所が突然心に浮かぶ
  • 突然心の中に特定の人物が浮かび、後でその人から連絡が来る
  • 物心ついて間もない子どもが「時々家におじさんがいる」などと言う

これらは、実はクレアボヤンスなのです

 

「霊視だ!」という自覚がなくても、このような形でクレアボヤンスを無意識に使うことがあるんですね。

 

このように無意識な、ぼんやりとした霊視でも、訓練することで先にあげた「はっきりとした霊視」ができるようになります。

 

 

クレアボヤンスを開発する方法

それではさっそく、あなたのクレアボヤンスを開発する方法を解説しますね。

 

  1. クレアボヤンスを開発するための習慣
  2. クレアボヤンスを開発するための訓練方法

について、それぞれ解説します。

 

 

クレアボヤンスを開発するための習慣2つ

まず、クレアボヤンスを開発させやすくするために、普段から行うべき習慣が2つあります。

 

  • 自分の能力を受け入れる
  • クレアボヤンスを積極的に活用する

これを意識するだけで、あなたのクレアボヤンスは格段に開発しやすくなります

 

 

クレアボヤンス開発のための習慣1.自分の能力を受け入れる

まず、「自分の能力を恐れたり卑下したりせず、受け入れる」という気持ちを持ってすごすことが大事です。

 

多くの人は、子どもの頃からクレアボヤンスを持っています。
しかし、大人になるにつれてその能力を閉じてしまうことがあります。

 

その原因の一つは大人からの言葉です。

子どもが大人に「よく僕のところにお友達が来るよ」など、大人には見えないものを無邪気に報告すると、たいていの大人は「そんなバカなことを言って」「嘘を言うんじゃありません」などと頭から否定してしまいます。

 

子どもは大人に叱られたり否定されることを恐れ、だんだんと自分から「見えることはよくないことだ」と見るのをやめてしまうのです。

 

 

また、大人になってからも、何か変わったものが見えると、自分の能力に自信が持てず「妄想や幻覚ではないか?」と考えてしまうことがあります。

しかし、否定すればせっかくのクレアボヤンス能力を自ら閉ざしてしまいます

 

 

自分の中に眠っている能力を否定せず、受け入れることを恐れないことが、クレアボヤンス能力を解放する第一歩です。

 

 

クレアボヤンス開発のための習慣2.クレアボヤンスを積極的に活用する

日頃から意識して、クレアボヤンスを活用することも重要です。

 

クレアボヤンスも他の勉強などと同じように、学習と訓練を重ねるほど能力が向上します。

 

最初のうちは上手くいかないことも多いでしょうが、
そのなかでも「たまたま上手くいった!」という成功体験が繰り返されれば繰り返されるほど、能力も高まっていくんですよ。

成功失敗は関係なしに、とにかく「クレアボヤンスを使おう」と意識してみることが、能力開発のための大事な習慣なのです。

 

 

今すぐできる!クレアボヤンス開発の訓練方法

誰にでもすぐに実践できる、クレアボヤンス開発のための訓練方法を紹介します。

 

簡単にいうと「自分の潜在意識に知りたいことを質問し、ビジョンを見る」という方法で、ドリーン・バーチュー博士が提唱したものです。

 

6つのステップに分けて、手順を詳しく説明しますね。

特に準備するものなどはないので、時間のあるときに、落ち着いた環境で行いましょう。

 

 

 

クレアボヤンス開発訓練 step1. 質問をする

まずは、自分の潜在意識に質問をすることから始めます。

 

わかりやすく具体的な言葉を注意深く選び、自分の潜在意識に質問しましょう。

たとえば恋人が欲しい場合、
「今月中に新しい出会いがありますか」ではなく、「今月中に新しい恋人ができますか」というように具体的な言葉を選ぶのがポイントです。

 

 

クレアボヤンス開発訓練 step2. 第三の目に意識を集中させる

額にあるといわれるサード・アイ、いわゆる「第三の目」に意識を集中させましょう。

質問のあと、ゆっくりと3回深呼吸をします。
そして、眉間に意識を集中させるのです。

 

呼吸をしながら、眉間にある「目」をイメージします。

イメージした眉間の目が半開きや閉じているなら、目を開けてくれるように頼みましょう。

 

 

クレアボヤンス開発訓練 step3. 心に浮かぶビジョンに注目する

しばらくすると心にビジョンが浮かぶはずです。それをよく見てみましょう。

 

透視のビジョンは、1枚の写真のように心に浮かぶか、映像として頭に浮かぶかのどちらかです。

 

ビジョンはモノクロの場合もあれば、カラーの場合もあります。
また、絵画や漫画のように現れることもあります。

なんにせよ、なにかしらの映像が浮かんだら、それが消えないように映像に集中しましょう。

 

クレアボヤンス開発訓練 step4. ビジョンをより鮮明にする

ビジョンが現れたら「もっと大きく、鮮明になるように」と念じます。

 

ここでそのビジョンがより大きくカラフルになれば、簡単にその意味を解釈することができるはずです。

ここまでくれば透視は成功したも同然ですね。

 

もし、手順がうまくいかない場合はstep1からやり直してみましょう。

 

 

クレアボヤンス開発訓練 step5. 解釈の仕方を尋ねる

透視したビジョンの意味を正しく解釈するために、心の中で「このビジョンはどういう意味ですか?」と尋ねましょう

 

答えは、感覚や声、考えなどでやってきます。

答えがはっきりしない場合は、別の方法で答えてくれるように頼みましょう。

 

 

クレアボヤンス開発訓練 step6. 自分が見たものを信じる

最後に、自分が見たものを過小評価したりせず、きちんと信じることが大切です。

 

「気のせいかも」「思い過ごしかも」とやり過ごしては、せっかくのチャンスが台無しになってしまいますからね。

自分の力を否定せず、訓練を繰り返しましょう。

 

そのうち、自分のクレアボヤンスに自信が付いてきますよ。

 

 

まとめ

クレアボヤンスは、透視能力の一種でもともと誰もが持っている力です。

 

クレアボヤンスは、訓練すれば開発させることができます。

自分の能力を恐れずに受け入れること、そして日頃から意識することが、クレアボヤンスを開発させるコツですね。

 

意識を集中させ、見えてきたビジョンに注目することでクレアボヤンスは開発できます。

訓練次第で発達するので、ぜひ訓練を重ね、透視能力を身につけましょう。

 

未来に起きる危機を回避したり、チャンスを逃さずつかんだりと、
クレアボヤンスはあなたの人生を良くするためにとても役立つ能力になるはずです。

【オススメ記事】頑張らずに幸せになる方法

どんな占いよりやセラピーよりも人生の幸福度がアップする!ある道具で幸せ引き寄せ体質をつくる誰でも誰でもできる引き寄せの3ステップとは?

  • 本当は幸せになりたいのに無理して嫌なことまで頑張っている
  • 人自分の人生を楽しみたいのに他人と比べてしまう…

そんなあなたにオススメの”ある道具”を使った、無理せず気楽に実践できる幸せ引き寄せメソッド、その名も『引き寄せ体得プログラム』を紹介する記事です。

 

「もっと自分の人生を楽しみたい…」

そう感じたら、一度読んでみてください。

>引き寄せ体得プログラムを確認

 

電話占いヴェルニの体験談記事へ

ヴェルニに無料登録して無料お試し

 

 - スピリチュアル