未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

アファメーションとは?アファメーション3つの基本の方法とルール

      2016/07/15

prayer-888757_1280

アファメーションとは意識的にポジティブな言葉をつかうことによって、潜在意識をネガティブな状態からポジティブに書き換えることを意味します。

今回の記事ではアファメーションを実践するときに必ず知っておくべき3つのルールや、アファメーションの効果、基本的な方法、”録音”をつかった方法など、「まだアファメーションをやったことがない!」という人にも分かりやすく解説させていただきます。

  

1. アファメーションで重要なのは「言葉の持つパワー」

言葉のパワー

アファメーションでは言葉の持つパワーを利用して潜在意識を書き換えます。あなたはどれほど言葉の持つ力の大きさを理解しているでしょうか?

 

人は頭の中で四六時中、おしゃべりをしています。これを内的対話と言うそうですが、いつも頭の中で独り言を言っているようなものです。無意識のうちに、目まぐるしく何かを考えているのです。

 

そしてその70%はネガティブなことだと言います。
「しまった」「あ~、やっちゃった」「こうすればよかった」などです。

 

言葉は昔から「言霊(ことだま)」と言うくらい、力を持つと言われてきました。事実、ネガティブな言葉からは低いな波動が、ポジティブな言葉からは高い波動が出ていると言います。

 

私たちは日頃から、無意識のうちに低い波動の言葉で、自分をいじめているようなものです。

 

アファメーションは意識的に、高い波動のポジティブな言葉を使うことによって、潜在意識を書き換え、人生を好転させるものです

 

 

 

2. アファメーションの効果とは?

よく、アファメーションをするのは願いをかなえるため、と言いますが、アファメーションの効果はそれだけではありません。セルフイメージを高めることもできるのです。

 

人は皆、セルフイメージを持っています。そのセルフイメージが高ければ高いほど、願いは叶いやすいとのこと。

 

セルフイメージは、幼い頃からの周りの大人からの刷り込みや、自分自身の体験からの思い込みから作られていきます。

 

その中には「自分は大体これくらい」という枠組みやハードルがあり、それを乗り越えようとすると、ブロック(制限)がかかって乗り越えられない状況を作りだします。

 

例えば、「自分にはこの位の生活が身の丈に合っている」と思いこむことや、「自分はどうせ素敵な人とは結婚できない」「自分の年収は○○万円がいいとこだ」などと、自分で枠を作ってしまうのです。

 

他にも「お金は汗水たらして働くもの」「世界を股にかけて仕事するなんて、自分には無理」などがあります。

 

アファメーションは、そんな自分の思い込みによって作られた枠を外してくれます。アファメーションを習慣化して潜在意識にすりこみ、セルフイメージを書き換えることが出来るのです。

 

だから目標や願いが叶うころには、自己肯定感も上がっています。
「自分にはそれだけの価値がある」「自分はそれを受け取るのは当然だ」というセルフイメージになります。

 

アファメーションをすると、自分で決めつけていた「自分の器」を広げることができます。器が広がれば、それまではできないと思っていたことも、「どうして出来ないと思い込んでいたんだろう」と不思議になり、いとも簡単にできるようになると言います。

 

 

3. アファメーションの基本的な方法と3つのルール

3つの効果

 

アファメーションには、願いを口にしたり、書いたりする方法がありますが、それには3つのルールがあります。

  1. 進行形または完了形で断定的な言葉を使う
  2. 肯定的な言葉だけを使う
  3. 「私は」で始める

一つずつ詳しく解説していきますね。

 

3.1  進行形または完了形で断定的な言葉を使う

潜在意識は常に「いま、ここ」の現在形です。だから、「○○したい」という予定や願望ではなく、「○○ができている」「○○できた」という進行形か完了形の言葉を使います。

 

「○○したい」「○○できますように」では、いつまで経っても「○○したい自分」や、「○○出来ていない状況」を引き寄せてしまいます。

※思い通りの願いを引き寄せる「引き寄せの法則」については『引き寄せの法則の本質とやり方はこの1記事で完ペキ!』を参照してください。

 

アファメーションでは断定的な言葉を使いましょう。例えば「○○する」「○○できた」などです。

 

3.2 肯定的な言葉だけを使う

肯定的な言葉

 

「困らない」「怖くない」「なくならない」などは、否定形+ない、という言葉の組み合わせです。困らない=困る+ない というように。

 

しかし潜在意識は単語しか認識しないので、単語にフォーカスしてしまいます。「困らない」なら「困る」と「ない」です。それでは本当に、困ることとないことを引き寄せてしまい、困った結果になってしまいます。

 

アファメーションの時には、肯定的な言葉に置き換えて使います。「お金の心配がない暮らしができている」なら、「お金があり余るほどある生活を送っている」というように。

 

また、「もっと」という言葉も、「今は○○しかない、足りていない」と暗に言っているのと同じことになるので、「日ごとに増す」という風に言い換えるといいかもしれません。

 

3.3 「私は」で始める

「私は」

 

アファメーションはあくまでも自分自身を変えるためのもので、自分以外の人間を変えることはできません。

 

たとえば、「息子がずっと健康でいられますように」は、自分でく息子になってしまっています。この場合だったら、「私は息子がずっと健康でいられるように配慮できています」というように、自分が尽力でき、効果が出ている、というようにします。

 

 

4.録音でアファメーションの効果を高める方法

アファメーションの方法は、基本的には言葉を口にしたり、文字を書いたりするものですが、ここではより効果的な、録音して聞くというやり方をご紹介します。

 

4.1 録音のやり方

録音のやり方

 

録音をするための、何か特別な方法はありません。自分の声でアファメーションを録音し、再生する機材があればすぐにでもできます。

 

録音する機材は、スマートフォンの録音アプリや、お手持ちの録音機器でOKです。自分の声を録音し、いつでも聞けるような状態だとベストです。

 

時間を決めて聞くのでもいいし、いつでも持ち歩いて、移動中や家事をしながら、入浴中や就寝時に、イヤホンで聴くのも効果的です。

 

4.2 録音したアファメーションが効果的な理由

録音するメリットは、自分で言わなくても自動的に耳に言葉が届くことにあります。

アファメーションは言葉を自分の口で言うことで、耳からも情報が入り、潜在意識を書き換える力が強くなります。

 

しかし、外にいるときなどは人目もあるし、いつでも唱えられるわけではありません。そんなとき、アファメーションを自分で録音し、自分で聴くことで、より高い効果を得られます。

 

アファメーションは言葉を繰り返して潜在意識に情報を刷り込むことが基本です。お金、人間関係の改善、復縁、仕事、結婚など、どんなことでも叶いますが、やり方に共通することは、長い期間をかけて毎日ひたすら繰り返すということです。

 

言葉が発せないときでも、音を聴くことによってアファメーションに触れる時間が増え、効果が強化されます。

 

自分の声って、話しているときに聞いているのと、録音したのを聞くのとでは、別人のように違うことをご存知ですか?自分が発している声は、骨を通じて内側から聞いているため、外から聞く声とは違うそうです。

 

自分が録音した声でも、違う人の声のように聞こえるので、他の人から聞いているようで新鮮に聴こえ、より効果があるかもしれませんね。

 

 

4.3 眠っているときも効果がある?

眠り効果

 

眠っているときにも、録音を聞くのは効果があります。

眠っているときは、身体も脳もリラックスし、より潜在意識に入りやすくになっているためです。

 

ただし、一晩中流しっぱなしにしておくと、睡眠の妨げになるかもしれません。もしスマートフォンでする場合、アプリがタイマー付きなら、タイマーを利用して、30分程度にするのが良いでしょう。

 

入眠するときと、起床するときは、とくに現実と夢の狭間のような感じで、脳はどちらが現実が区別がつきません。その入眠と起床時の30分ずつに流すのが効果的です。

 

音量は、聞き取れるかどうかくらいの小さな音で。あまり音が大きいと脳が目覚めてしまうからです。ウトウトしているときが狙い目です。

 

 

アファメーションを録音するやり方などについてお伝えしてきました。
今はスマートフォンやパソコンなど、便利な器具がたくさんある時代。いろいろ利用して、アファメーション効果を高めましょう!

 

 

5. アファメーションがうまくいかない時

アファメーションは、毎日の日課にするのが効果的です。特に、寝る前や起きたばかりは、潜在意識が書き換えやすくなっているので効果的です。しかし、毎日やっているのに効果が出ない、という人もいます。

 

その原因は心のブロック。幼い頃からの刷り込みは、一朝一夕では変えることはなかなか難しいものです。

 

そんなときは、まず自分に許可を与えるアファメーションをしましょう。

 

「私は○○してもいい」と自分を許す言葉を先に言うのです。「私はたまには羽目を外してもいい」「私は嫌な時はNOと言ってもいい」などです。

 

6. アファメーションは”戻る”ための方法

戻る

 

アファメーションはネガティブをポジティブに変える方法と理解されることが多いですが、本当は生まれた瞬間の素晴らしい状態に「戻る」ための方法です。私たちは本来、奇跡のなかをいきていて、この世界に存在すること自体が素晴らしいことなのです。

 

人が生まれてくる奇跡って、尋常じゃありません。何億もの精子と卵子が、たったひとつだけ出会って受精するだけでも奇跡ですし、その後10か月もの間、お母さんのお腹の中で無事に成長するのだって奇跡です。

 

そして世の中に生まれてきて、けがや病気をしながらも、今日も生きています。生きるためには酸素が必要で、太陽が必要で、食べ物が必要です。

 

そんな必要な条件がすべてそろって、今日も生きているのだから、本当に奇跡としか言いようがありません。

 

人って、元々が奇跡で、生きているだけで素晴らしいのです。だから本当は、何も足さなくても大丈夫。

 

だけど、生きている間には、色々なものが、本意不本意のうちに足されてしまいます。先ほど言った「思い込み」もそのひとつ。

 

子どもの頃は、毎日が楽しくて、夢中になれて、元気いっぱいではなかったですか?

 

だから、アファメーションは、もともと素晴らしい存在に戻るための方法とも言えます。

 

アファメーションのコツは「手放す」ことだと言いますが、それは今までに足されてきた不要なものを手放すのです。

 

たとえば必要のない習慣、必要のない人間関係、必要のない物質。
断捨離をすると運気が上がるのも、そのせいかもしれません。

 

まとめ

アファメーションについての基本をお伝えしましたが、いかがでしょうたか?アファメーションは引き寄せの法則で度々登場する方法です。基本をおさえて色々なものを引き寄せましょう。

 

未知リッチ

 

 

【オススメ記事】頑張らずに幸せになる方法

どんな占いよりやセラピーよりも人生の幸福度がアップする!ある道具で幸せ引き寄せ体質をつくる誰でも誰でもできる引き寄せの3ステップとは?

  • 本当は幸せになりたいのに無理して嫌なことまで頑張っている
  • 人自分の人生を楽しみたいのに他人と比べてしまう…

そんなあなたにオススメの”ある道具”を使った、無理せず気楽に実践できる幸せ引き寄せメソッド、その名も『引き寄せ体得プログラム』を紹介する記事です。

 

「もっと自分の人生を楽しみたい…」

そう感じたら、一度読んでみてください。

>引き寄せ体得プログラムを確認

 

 

 - 自己啓発