未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

急急如律令の意味とは?陰陽師が使う呪文の効果を徹底解説!

   

五芒星の提灯の画像
【このサイトの運営者】ミッチ
人間の心やスピリチュアルな世界が好きな普通の人。当サイト「未知リッチ」は毎月20万人が購読。無料メルマガで「幸せを引き寄せる体質」の作り方を伝え「無理して頑張る人」が少なくなれば世界はもっと楽しくなると信じている。

【ご好評につき追加開催決定!】活躍できるセラピスト・コーチになるためのグループコーチングセミナー【参加者募集中!】

 

「急急如律令」とは、陰陽師が使う呪文のことです。

そのほかにも陰陽師たちは、さまざまな呪文を使用してきました。

 

しかし、「では実際にその意味は?」と聞かれると、答えられないことの方が多いのではないでしょうか?

なんとなく映画やアニメで聞いたことがあるけど、意味は知らない、という言葉が、あなたにも数多くあるはずです。

 

そこで今回は、陰陽師が使っていた有名な呪文について、その読み方や意味を解説していきます。

この記事を読んでから友達と陰陽師の出てくる映画を見ると、ドヤ顔で解説することができますよ。笑

 

ちなみに、陰陽師についてもっと詳しく知りたいという場合は、こちらの記事も併せて確認しておいてください。

実は陰陽師はお堅い国家公務員だった、という話もしていますので、陰陽師のイメージがガラリと変わるかもしれません。

⇒陰陽師とはどんな職業?実際に使われていた式神や占い方法まとめ

 

 

急急如律令(きゅうきゅうにょりつりょう)の意味とは?

まずは陰陽師の使っていた呪文の中でもっとも有名な「急急如律令」について説明をしていきましょう。

ちなみに、読み方は「きゅうきゅうにょりつりょう」です。

 

「急急如律令」には、「急々に律令のごとくに行え」という意味が込められています。

もっとかいつまんで言うと、「今すぐ急いでやれ!」ということですね

主に式神に命令をするときや、護符やお札に書き込むときに使用されます。

 

そして、ここまでの説明を読んでいただければ分かると思うのですが、「急急如律令」は、実は単体では意味を成しません。

「早くやれ!」とだけ言われても、「何を?」となってしまいますよね。

そのため、「急急如律令」を使うさいには、必ずセットとなる呪文が存在しているのです。

 

たとえば、「六根清浄(ろっこんしょうじょう)急急如律令」で、「今すぐ、六根(眼、耳、鼻、舌、身、意)を清めなさい」という意味になります。

あとは、「休息万命(くそくまんみょう)急急如律令」という使い方もします。

これは、当時、くしゃみをすると鼻から寿命が抜けていくと信じられていたために、くしゃみをするたびに、その対策として唱えられていた呪文です。

「休息万命」だけだと「命が長く続きますように」という願いなのですが、くしゃみをしてしまったから「今すぐに願いを叶えなさい」という意味で、「急急如律令」を使っていたわけですね。

 

もしくは、護符に「急急如律令」とを書き込む場合は、その護符の効果が即座に表れるようになる、という意味があったようです。

 

このように「急急如律令」は、あくまでもほかの呪文や護符の付属で、何かの続きで唱えれらる呪文だったわけですね。

 

 

陰陽師が使う九字とは?

陰陽師が使う呪文で、「急急如律令」の次に有名なのがこの「九字」です。

よく映画とかの陰陽師が、手を動かしながら唱えているやつですね。

 

「九字」は、呪力を持つとされる9つの漢字で、中国から日本に伝えられました。

そして、陰陽道や修験道で護身の用途として使われるようになったのです。

 

ちなみにこの「九字」ですが、実は色々な種類があります。

たとえば、「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前(りん・びょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん)」なんかは1番有名ですので、あなたも耳にしたことがあるかもしれません。

 

しかし、陰陽道における九字は、これとは違っています。

陰陽道では、四神、神人、星神の九星九宮を、九字風に置き換えたものを使用するのです。

 

これを具体的に九字に置き換えると、「青龍・白虎・朱雀・玄武・勾陳・帝台・文王・三台・玉女(せいりゅう・びゃっこ・すざく・げんぶ・こうちん・ていたい・ぶんおう・さんたい・ぎょくにょ)」となります。

 

陰陽師たちは、これを唱えながら両手で手印を刻むことを、「剣印の法」と呼んでいました。

もしくは、四縦五横の格子(要は縦に4本の線、横に5本の線です)を描いて九字を唱えるものを、「破邪の法」と呼んでいました。

 

このように陰陽師たちは、9つの文字と動作を組み合わせ、さまざまなまじないを行っていたのです。

 

 

「おん~そわか」は願いを叶えるおまじない

陰陽師が使っていた呪文には、「おん~」で始まり、「~そわか」で終わるものもあります。

これは、真言(マントラ)と呼ばれるものです。

ちなみに、「おん」は真言の最初につける決め文句のようなもので、「そわか」は、「成就してください」という意味を持っています。

このことから現代では、「おん~そわか」を願望成就のおまじないとして利用する場合もあります。

 

ちなみに、陰陽師が良く使うのは、「オン キリキャラ ハラハラ フタラン パソツ ソワカ」という呪文です。

この呪文は、一度切った九字を解除するときに使われます。

 

 

真言(マントラ)の持つ力

上の「おん~そわか」もそうですが、真言には特別な力があります。

そして実は、真言は、毎日決められた時間に決められた回数唱えることで、その効果をより発揮するのです。

とくに、「ガヤトリー・マントラ」は真言の中でも優れたもので、毎日3回唱えることでその日のすべての罪を消し去ってくれます。

「ガヤトリー・マントラ」に関してはまとめ記事もありますので、そちらを参照してみてください。

⇒最強真言!ガヤトリー・マントラの効果とは

 

そして、実は陰陽師にも、毎朝決まって唱えていた真言があります。

それが、下記の呪文です。

 

「元柱固具、八隅八気、五陽五神、陽動二衝厳神、害気を攘払し、四柱神を鎮護し、五神開衢、悪鬼を逐い、奇動霊光四隅に衝徹し、元柱固具、安鎮を得んことを、慎みて五陽霊神に願い奉る」
(がんちゅうこしん、はちぐうはつき、ごようごしん、おんみょうにしょうげんしん、がいきをゆずりはらいし、しちゅうしんをちんごし、ごしんかいえい、あっきをはらい、きどうれいこうしぐうにしょうてつし、がんちゅうこしん、あんちんをえんことを、つとみてごようれいしんにねがいたてまつる)

 

陰陽師たちは毎朝、この呪文を朝日に向かって唱えてから業務を始めていたのです。

ちなみにこの呪文は、「自らの生活環境などを正して、四柱神の加護により周囲との聖別をして、最後に五陽霊神に願い奉る」という意味になります。

要は、自分自身の環境を陰陽師として整えるような意味合いを持っていました。

 

このように、決まった呪文を毎日唱えることには、大きな意味があったのです。

 

 

言葉に秘められた力

ここまで、陰陽師が使う呪文や真言について説明をしてきました。

陰陽師たちは、言葉を使い、実にさまざまなことを行ってきたのです。

そして、このことから言えることは、言葉にはとても大きな力が秘められているということです。

これが俗にいう「言霊」というものですね。

言霊については、別記事で詳しく説明していますので、そちらを参照してください。

⇒言霊とは?日本人の信仰や思想と深く繋がる言霊の力を徹底検証!

 

そしてさらに、言葉には、自分自身の意識を書き換えるという効果もあります。

実際、言葉の力を使って深層の意識を書き換えるという手法があるのです。

その手法は「アファメーション」というのですが、ポジティブな言葉を日常的に発したり、耳にししたり、目にしたりすることで、自分自身の意識をポジティブに変えていくというものです。

アファメーションについても、別記事で詳しい説明がありますので、併せて確認してみてください。

⇒アファメーションとは?アファメーション3つの基本の方法とルール

 

そして、実は言葉が力を発揮するプロセスは、「引き寄せの法則」と深く関係しています。

引き寄せの法則は、自分自身の深層にある意識を書き換えることで、実際に願望を引き寄せるという手法です。

そして上でも説明したとおり、言葉の力で自分の意識を書き換える「アファメーション」という方法があります。

つまり、言葉の力(アファメーション)が意識を書き換え、書き換わった意識が願望を引き寄せるという流れがあるわけです。

言葉が力を発揮するのは、「言葉(呪文や真言)を使う」⇒「意識が書き換わる」⇒「願望が叶う」というプロセスがあるからこそなんですね。

 

これがどういうことなのかというと、「引き寄せの法則」を身につけることで、言葉はさらに大きな力を発揮できるようになるということです。

そして、引き寄せの法則でもっとも重要なのは、「意識の書き換え」です。

つまり、思い込みや心の壁を捨てて、自分の意識を書き換えやすい状態にすれば、言葉の力で、さまざまな願望を叶えることができるようになるということなんです。

実際、陰陽師が毎朝朝日に向かって唱えていた真言も、そういった状態を作るために行っていたのではないかと思われます。

 

ただ、実はこれが簡単ではありません。

なぜなら、自分で思っている以上に、「思い込み」や「心の壁」は深く、根強いものだからです。

それこそ陰陽師でさえ、毎日毎日真言を唱え、長い時間をかけて意識を書き換えていました。

 

とはいえ、実は簡単に意識を書き換えられる方法があります。

それが、プロの力を借りて、心の壁を外してもらうことです。

未知リッチを共同で運営している西澤さんが、現在、「引き寄せの法則に特化したセッション」を行っています。

このセッションを受けることで、あなたは心の壁を外して、言葉の力を100%活かせるようになるのです。

紹介ページには実際に受けた人の声もありますので、言葉の力を活かして願望を叶えたいのなら、ぜひチェックしてみてください。

⇒引き寄せの法則がうまくいかない!そんなときこそ専門家に相談

 

 

【まとめ】急急如律令などの言霊を使ってみよう

今回は、「急急如律令」をはじめ、陰陽師が使ってきた呪文について紹介してきました。

言葉には大きな意味と力秘められています。

いわゆる「言霊」です。

 

そして、この言葉の力は、実は「引き寄せの法則」と同じプロセスで効果を発揮しています。

引き寄せの法則は、意識を書き換えることで、実際に願望が引き寄せられるという法則です。

つまり、「言葉(呪文や真言)を使う」⇒「意識が書き換わる」⇒「願望が叶う」という順番で、言葉は効果を発揮するわけですね。

 

もし、このような流れで言葉の力を発動させたいのなら、プロの力を借りて、引き寄せの法則をマスターしてください。

未知リッチを共同で運営している西澤さんが、現在、「引き寄せの法則に特化したセッション」を行っています。

このセッションを受けることで、あなたは言葉で自分の意識を変えられるようになり、言葉の力を100%活かせるようになるのです。

紹介ページには実際に受けた人の声もありますので、言葉の力を活かしたいなら、ぜひチェックしてみてください。

⇒引き寄せの法則がうまくいかない!そんなときこそ専門家に相談

 

言葉の力はとても大きなものです。

現に陰陽師は、この言葉の力使って、国の政策に関わってきました。

あなたも色々な呪文を調べてみて、自分にぴったりなものを活用してみてください。

 

 

【オススメ記事】頑張らずに幸せになる方法

どんな占いよりやセラピーよりも人生の幸福度がアップする!ある道具で幸せ引き寄せ体質をつくる誰でも誰でもできる引き寄せの3ステップとは?

  • 本当は幸せになりたいのに無理して嫌なことまで頑張っている
  • 人自分の人生を楽しみたいのに他人と比べてしまう…

そんなあなたにオススメの”ある道具”を使った、無理せず気楽に実践できる幸せ引き寄せメソッド、その名も『引き寄せ体得プログラム』を紹介する記事です。

 

「もっと自分の人生を楽しみたい…」

そう感じたら、一度読んでみてください。

>引き寄せ体得プログラムを確認

 

 - スピリチュアル