未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

黙想の意味と効果的なやり方を解説!黙祷や瞑想との違いとは!?

   

禅を組む女性
【このサイトの運営者】ミッチ
人間の心やスピリチュアルな世界が好きな普通の人。当サイト「未知リッチ」は毎月20万人が購読。無料メルマガで「幸せを引き寄せる体質」の作り方を伝え「無理して頑張る人」が少なくなれば世界はもっと楽しくなると信じている。
 

今回の記事では、黙想の意味や効果、実際のやり方について説明していきます。

 

黙想は、深い思慮を与えてくれるもので、うまく活用すれば、「心の整理」ができたり、「新たな気づき」を得たりすることができます。

 

黙想はよく、剣道や柔道や空手や弓道といった武芸の稽古の前後に行われます。

練習前は精神統一の手段として、練習後は振り返りをしつつ心を静める時間として、黙想を行うのが一般的です。

 

黙想を行うさいは、プライドや建前を脱ぎ捨て、心を落ち着けた状態で思いをはせます。

そのため、素直な気持ちで心を整理したり、新たな気づきを受け入れたりすることができるわけですね。

 

それでは下記より、黙想の意味、効果、やり方について説明していきます。

ぜひ確認して、実践してみてください。

 

 

黙想とは【意味や効果を詳しく解説!】

ここからは黙想の意味、効果について詳しく解説していきます。

よく聞かれる、「瞑想」、「黙祷」、「祈り」との違いについても解説していきますので、ぜひ読み進めてください。

 

 

黙想の意味と意義を解説

黙想を行う意味や意義は、大きく分けて2種類あります。

 

  1. さまざまな思いをめぐらせて「気づき」を得る
  2. 心を整理して「精神統一」をする

 

どちらも、自分の意識の深層に潜り込んで行うものです。

 

人間には、自覚ある意識である「顕在意識」と、自覚のない深層の意識である「潜在意識」があります。

このうち潜在意識が実に97%を占めており、とても大きな影響力を持っているのです。

 

そして、人間の本音は、この潜在意識に内包されています。

しかし潜在意識は、普段は残り3%の顕在意識に覆われており、潜在意識を自覚することは困難なのです。

 

黙想は、この潜在意識を使って思考をめぐらせるために行います。

心を落ち着け、ただ素直に集中して考えることで、潜在意識から本音を引き出してくるわけですね。

 

そのため、普段の自分では気づけなかったようなことでも、黙想中なら気づくことができます。

また、本音が出てきますので、素直な気持ちで心の整理を行うこともできるのです。

 

 

「黙想」と「瞑想」と「黙祷」と「祈り」の違いとは

 

「黙想」と「瞑想」と「黙祷」と「祈り」の違いについて、下記の表にまとめました。

「黙想」や「瞑想」の話をするさい、よく聞かれるのがそれぞれの違いです。

それぞれ似ているようで、全く性質が異なりますので、表を見て違いを理解してください。

 

黙想(もくそう) 自分の意識の深層に深く潜り込み、心を整理したり、思いをめぐらせたりする行為。
瞑想(めいそう)  心を静め、一つの思考のみに集中する行為。もしくは、無心になる行為。
黙祷(もくとう)  声を出さず、静かに祈る行為。
祈り(いのり)  自分を超越した存在に、願いや感謝の念を送る行為。

 

とくに、黙想と瞑想の違いについてはややこしいらしく、私もよく人に聞かれます。

 

簡単に言うと黙想は、さまざまなことに思考をめぐらせたり、心の整理をする行為です。

たとえば、黙想をすることで、
「あの時の友達の行動にイライラしたけれど、あれは自分のためを思ってしてくれたのかもしれないなぁ」という感じで、過去の振り返りをしつつ、新たな気づきを得られたりします。

 

もしくは「恋人と別れて辛いけれど、そろそろこのモヤモヤとした気持ちを切り替えていこう」といった感じで、心の整理をするために行うのも黙想ですね。

黙想の特徴は、「落ち着きつつも思考が高速で回っている状態」にあることです。

 

それに対し瞑想は、一切の雑念を取り払う行為です。

無心になるか、もしくは「絶対に〇〇を達成する」というように、何か1つの思考のみを続けるわけですね。

瞑想の特徴は、一切の雑念を消し去るところにあります。

 

つまり黙想と瞑想の違いは、思考を広げるか、雑念として消し去るか、といった違いなのです。

 

このように、これらは似た言葉ではありますが、それぞれ意味は少しずつ異なります。

混同しないよう、覚えておきましょう。

 

 

黙想で得られる効果とは

黙想には、思慮を深めて新たな気づきを得たり、素直な気持ちを引き出すことで心の整理をしたり、という効果があります。

そのため黙想は、何かの答えを得たいときや振り返りを行いたいとき、もしくは、どうしても心の整理がつかないことに直面したときなどに、より効果を発揮するのです。

 

たとえば、「転職すべきかしないべきか」で迷っている場合などは、黙想をすることで自分の本音に気づき、答えを出せる可能性があります。

「新しいことに挑戦したい!」という気持ちだったり、「結局仕事が嫌いなだけだから、我慢してがんばるしかない」だったり、本音が見えてくるわけです。

もしくは、会社で受けたストレスを心の整理によって処理できることで、「明日からもめげずにがんばろう!」と気持ちをリセットできることもありますね。

 

このように、大事な選択をするさいに自分と向き合うために、黙想は役立てることができます。

 

ちなみに、「思慮を深めて気づきを得る効果」と「心を整理する効果」の両方を取り入れているのが、剣道や空手などの武芸です。

 

たとえば剣道で、練習の前後に黙想を行うとしましょう。

 

まず練習前の黙想では、気持ちの整理を行います。

練習中に無駄な雑念が入らないよう、練習前に整理してしまい、精神統一を行うわけですね。

 

そして練習後の黙想では、練習の振り返りを行います。

潜在意識にアクセスして、素直に自分の良かった点、悪かった点を受け入れて振り返ることで、新たな気づきを得るのです。

 

これが、黙想の持つ効果です。

黙想で得られる効果は、「気づき」と「心の整理」の2つである、と覚えておきましょう。

 

 

黙想のやり方5つの手順

ここからは、黙想の正しいやり方について説明していきましょう。

といっても、実はむずかしい形式があるわけではありません。

 

剣道なんかだと、正座で腕を組んでいる状態から、「黙想!」の掛け声とともに黙想を始めるパターンが多いのですが、実際は正座や腕を組むことは、必ずしもしなければいけない、というわけではないんです。

 

重要なのは精神です。

そのことを踏まえ、下記の手順で黙想を行ってください。

 

  1. あらかじめ考えたいテーマ、整理したいテーマを決めておく
  2. 静かで邪魔の入らない空間を用意し、リラックスできる体制で座る
  3. あらかじめ黙想を行う時間を決め、アラームをセットしておく(最初は1分~3分程度、慣れれば5分~10分程度)
  4. 黙想を始めると同時に目を閉じ、一切の外的影響を感じないようにする
  5. 考えたいテーマに対し、自由に、素直に思考をめぐらせる

 

黙想の手順はたったこれだけです。

剣道などの武芸の場合は、礼節をわきまえるため、道場ごとに形式的な決まりがある場合も多いのですが、個人で行う場合は、形を気にする必要はありません。

 

重要なのは、考えるテーマを決めた上で、集中し、自分の潜在意識に潜り、そこで自由に思考をめぐらせることです。

そうすることで、気づきを得たり、心の整理ができたりするのです。

 

 

【まとめ】黙想で深い思考を身につけよう!

今回は、黙想についてお話をしてきました。

 

黙想は、潜在意識を使って深い思慮をめぐらせるために行います。

心を落ち着け、ただ素直な気持ちで思考に集中することで、下記のような効果を実感することができるのです。

 

  1. さまざまな思いをめぐらせて「気づき」を得ることができる
  2. 素直な気持ちで、「心の整理」ができる

 

また、黙想を語る上でよく耳にする疑問は、「瞑想」、「黙祷」、「祈り」との違いについてです。

それについては、下記を参考にしてください。

黙想(もくそう) 自分の意識の深層に深く潜り込み、心を整理したり、思いをめぐらせたりする行為。
瞑想(めいそう)  心を静め、一つの思考のみに集中する行為。もしくは、無心になる行為。
黙祷(もくとう)  声を出さず、静かに祈る行為。
祈り(いのり)  自分を超越した存在に、願いや感謝の念を送る行為。

 

集中した上で色々考え、答えを探っていくのが黙想である、と認識しておきましょう。

 

また、黙想を行うさいに、形式にこだわる必要はありません。

重要なのは、精神です。

それを踏まえた上で、黙想の手順については下記を参考にしてください。

 

  1. あらかじめ考えたいテーマ、整理したいテーマを決めておく
  2. 静かで邪魔の入らない空間を用意し、リラックスできる体制で座る
  3. あらかじめ黙想を行う時間を決め、アラームをセットしておく(最初は1分~3分程度、慣れれば5分~10分程度)
  4. 黙想を始めると同時に目を閉じ、一切の外的影響を感じないようにする(耳栓も効果的)
  5. 考えたいテーマに対し、自由に思考をめぐらせる

 

この黙想を習慣として繰り返すことで、深い思慮と気づきを得ることができるでしょう。

 

ただ、中には、黙想では答えが出せない悩みを抱えていたり、どうしても心の整理ができなかったり、という場合もあります。

そういう人は、カウンセリングを受けてみるのもおすすめです。

 

カウンセリングで行うのは、クライアントの潜在意識を引き出し、そこから答えを出せるように思考を誘導することです。

つまり、黙想で行っていることを、プロの力で手助けしてもらえるというわけですね

 

とくに、未知リッチで推奨している西澤さんは、2000人以上の人に気づきを与えてきた経験豊富なカウンセラーです。

西澤さんのカウンセリングを受けることで、1人ではたどり着けなかった気づきを得られることでしょう。

 

詳しい詳細や実際に受けた人の声が下記の記事にまとめてありますので、ぜひチェックしてみてください。

⇒本当のやりたいことが見つかる個別相談セッション『ETF』のご案内

 

黙想は、とにかく思考を広げるか、もしくは心の整理するときに有効な手段です。

ぜひ習慣にして、深い思慮を身につけましょう。

 

 

【オススメ記事】頑張らずに幸せになる方法

どんな占いよりやセラピーよりも人生の幸福度がアップする!ある道具で幸せ引き寄せ体質をつくる誰でも誰でもできる引き寄せの3ステップとは?

  • 本当は幸せになりたいのに無理して嫌なことまで頑張っている
  • 人自分の人生を楽しみたいのに他人と比べてしまう…

そんなあなたにオススメの”ある道具”を使った、無理せず気楽に実践できる幸せ引き寄せメソッド、その名も『引き寄せ体得プログラム』を紹介する記事です。

 

「もっと自分の人生を楽しみたい…」

そう感じたら、一度読んでみてください。

>引き寄せ体得プログラムを確認

 

 - スピリチュアル