未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

祈りの力と効果は実証されていた!?祈りが持つ科学的な意味とは

   

祈るナース
【このサイトの運営者】ミッチ
人間の心やスピリチュアルな世界が好きな普通の人。当サイト「未知リッチ」は毎月20万人が購読。無料メルマガで「幸せを引き寄せる体質」の作り方を伝え「無理して頑張る人」が少なくなれば世界はもっと楽しくなると信じている。
 

今回の記事では、祈りがもつ効果性と、正しいやり方について説明していきます。

 

実は、祈りが持つ効果性は科学的に立証されている、という事実をご存知でしょうか?

 

人は日常的に、さまざまな場面で祈ります。

たとえば「入試の合格発表のとき」であったり、「恋愛が成就してほしいとき」であったり、「世界平和」を願っていたり、「ギャンブルの最中」であったりです。

また、「祈り」という言葉は、そういう名前の歌や本があったり、哲学や名言の中に組み込まれていたりと、日本人にとって、とても馴染み深い言葉であると言えます。

 

しかし本音では、祈りはオカルトや宗教的なものであって、単なる気休めでしかない、という認識の人が多いですよね。

 

祈りはあくまでも形式上のものだと考えて、実質的な効果を期待していない人が、きっと日本人の大半を占めているのだと思います。

実際、私も昔は、祈りはただの気休めだと思い込んでいました。

 

しかし事実、サンフランシスコ総合病院で祈りに関する実験が行われ、祈りが人にとって良い結果をもたらしたという実験結果が報告されているのです。

 

そこで今回の記事では、意味ややり方以外に、wikipediaにも載っていない、祈りが持つ本当の効果についてもお話ししていきます。

科学的な実験で立証された、根拠あるお話です。

気になる方は、ぜひこのまま読み進めてみてください。

 

 

祈りの意味と種類

祈りとは、人を超越した何ものかに対し、メッセージを送るものです。

自分のために心の中で祈ることもあれば、「あなたのために祈らせてください」と、他人のために祈りを捧げることもありますし、集団で儀礼的に祈りを捧げることもあります。

しかしなんにせよ、第三者(神様や仏様など)にメッセージを伝えるということには変わりありません。

 

また、各宗教によって細かい部分は異なりますが、祈りには大きく分けて3つの種類があります。

 

  1. 願い事をする祈り
  2. 感謝を伝える祈り
  3. 呪い

 

1番多くの人が行うのが、願い事をする祈りでしょう。

「仕事がうまくいきますように」とか、「病気が治癒しますように」とか、「宝くじが当たりますように」といった、願望が源になっているものですね。

 

それとは別に、神様を祀る祭事や収穫祭などといった、感謝を伝える祈りもあります。

「今年も1年ありがとうございました」、「豊作に感謝します」といった感じで、神様にお礼を言うための祈りですね。

 

そして、呪いもまた祈りの一種です。

「願い事をする祈り」の願いが、人に危害を加えるものになったとき、祈りは「呪い」と呼ばれるようになります。

「失敗してしまえ!」とか、「破滅しろ!」といった、ネガティブな願い事ですね。

 

以上が、祈りの種類になります。

人によっては、「祈り=お願い事(もしくは呪い)」と考えている人もいるかもしれませんが、決してそれだけではありません。

とくに、感謝の祈りは大切にしましょう。

 

キリスト教にしろ、イスラム教にしろ、神道にしろ、仏教にしろ、「感謝はとても大切なことである」という教えは変わりません。

祈りも、感謝の念をなくせば、ただ願望を述べるだけの強欲なものになってしまいますからね。

 

祈りだけに限った話ではありませんが、感謝はとても大切なものなので、しっかり覚えておくようにしましょう。

 

 

祈りの持つ力【科学的に実証された2つの効果】

祈りに関して、「祈った方に対する効果」と「祈られた方に対する効果」、この2つが科学的に実証されています。

 

祈りは宗教的なものだと思われがちですが、冒頭でもお話ししましたとおり、実はサンフランシスコ総合病院で実験が行われ、科学的にその効果性が立証されていているのです。

サンフランシスコ総合病院での実験では、「祈ってもらった方」に良い影響が出たという結果が報告されています。

しかし同様に、「祈った方」に関しても良い影響が出る、という報告が、脳科学の別の研究結果として挙がってきているのです。

 

ここからは、実際に行われた実験や研究の結果について説明をしていきます。

どのような効果が現れたのか、ぜひ、確認してください。

 

 

祈ってもらった方に現れた効果

カリフォルニア大学の心臓学教授「ランドルフ・ビルド博士」がサンフランシスコ総合病院で行った実験により、祈りの効果性が立証されました。

 

彼は、心臓病で入院している393人の患者を、コンピューターでランダムに2グループに分けました。

Aグループは192人、Bグループは201人です。

そして、Aグループの患者に対して、毎日祈りが捧げられるという状況を作ったのです。

 

祈る人は、全国のローマ・カトリックとブロテスタントの教会から募集して、患者1人に対して5~7人を選出しました。

祈る人には患者の名前と病状だけを教えて、病院とは別の場所で祈りを捧げてもらいました。
そのため患者はおろか、医療に携わる人間も、393人のうち誰が祈りを捧げられていて誰が捧げられていないのか、特定は不可能でした。

 

そして、実験を進めていくうちに、驚くべき結果が出ました。

なんと、祈りを捧げてもらっていたグループの人たちの病気の進行速度が、通常よりも明らかに遅くなったのです。

 

つまり、祈りを捧げることにより、相手に癒しの効果を与えることができ、病気の進行を遅らせた、ということですね。

病気を治すとまではいきませんでしたが、確かに効果が現れたと立証できたのです。

 

 

祈った方に現れた効果

脳科学者である中野信子さんによる研究で、祈りは捧げた方にも良い効果を及ぼすという報告が出ました。

 

祈りを捧げることにより自分が善行を行っていると認識すると、快感物質であるドーパミン、脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィン、愛情物質オキシトシンが脳内に分泌されます。

それにより祈りを捧げた人もまた、幸福感に包まれることができるのです。

 

この、善行を行うことにより自身も幸福感に包まれるメカニズムを、「ヘルパーズ・ハイ」と呼びます。

このメカニズムが働くことにより、「祈ることで幸せになれる」という結果が引き起こされるのです。

 

 

祈りによってあなたが得られる効果とは

ここからは、祈りがあなた自身にもたらす効果について説明していきます。

 

祈りには、即座に願望を叶えるような力はありません。

しかし、実験でも立証されている通り、確かに効果があるという事実があります。

 

ぜひ、下記より詳細を確認して、あなたも祈りの効果を体感してみてください。

 

 

祈りはギフト!贈る方も贈られる方も幸せになれる

祈りの持つ力【科学的に実証された2つの効果】」でも説明しましたが、祈りは、捧げた方にも捧げられた方にも良い効果を及ぼします。

そのため、祈りは贈り物である、という認識をする人もいるのです。

心からの贈り物は、贈られた方はもちろん、贈った方も気分が良いですよね。

 

つまり祈りは、自分のためだけでなく、相手を幸せにするためにも効果を発揮するのです。

その上で祈った方も幸せになれるわけですから、まさにみんなで幸せになれる「win-win」な手段であると言えます。

正しい祈りには、自分を取り巻くすべてを幸せにする効果があるということですね。

 

 

祈りによって得られる具体的な効果5つ

祈りで自分が得られる、もしくは祈りを捧げた相手に贈ることのできる効果は、下記の5つです。

 

  1. 癒しの効果がある
  2. 波動を高めることで、願望を引き寄せる効果がある
  3. 幸福感を得ることができる
  4. 潜在意識がより良く書き換わる
  5. 人と祈り合うことで深い絆を得ることができる

 

それでは下記より、詳細を説明していきましょう。

 

 

祈りの効果1.癒しの効果がある

祈りには、癒しの効果があります。

これについては、「祈りの持つ力【科学的に実証された2つの効果】」で詳しく説明済みですが、祈りを捧げることで、病気の進行を遅らせたという実験データがあるのです。

 

実際、病気を治すのは医者ではなく、巫女やシャーマンであった、という時代もあります。

祈りには、まだまだ隠された癒しの力が眠っているのかもしれませんね。

 

 

祈りの効果2.波動を高めることで、願望を引き寄せる効果がある

祈りは非常に高い波動を持っており、繰り返すことで自身の波動を高めてくれる効果があります。

 

波動とは、物質から思考、状況に至るまで、すべてのものが発している周波数のことです。

そして波動は、似た波動と共鳴して、その波動の持ち主や状況を引き寄せるという性質があります。

つまり、良い行いをすれば良い行いが返ってきますし、お金持ちになればお金持ちの人と仲良くなれる、といった感じですね。

これを利用して願望を引き寄せる方法が、世にいう「引き寄せの法則」です。

 

引き寄せの法則は、実践できるようになればさまざまな願望を引き寄せることができるようになります。

引き寄せの法則で願い事を叶える具体的な方法などは、下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参照してみてください。

⇒引き寄せの法則の本質とやり方はこの1記事で完ペキ!

 

このように、祈りによって、「引き寄せの法則」の効果を享受できるようなります。

つまり、祈りを行い自分自身の波動を高めることで、「今の自分より波動のレベルが上がった自分(願いを叶えた自分)」を引き寄せることができるのです。

たとえば、「お金持ちになりたい」場合、祈りによって自分の波動を高め、お金持ちの波動に近づけることで、「お金持ちになった自分」を引き寄せることができる、というわけですね。

 

このように祈りには、本当に願いを叶える力があるのです。

 

 

祈りの効果3.幸福感を得ることができる

祈りの持つ力【科学的に実証された2つの効果】で説明した通り、祈りを捧げた人間は、「ヘルパーズ・ハイ」という現象によって幸福感を得ることができます。

「ヘルパーズ・ハイ」とは、祈りを善行と捉えることで、快感物質や愛情物質が脳内に分泌され、脳が幸福を感じる現象のことです。

祈りだけでなく、ボランティアなどでも同様の幸福感が得られます。

 

毎日を幸せに暮らしたいのなら、習慣的に人のために祈りを捧げてみてください。

その分、あなたは幸せになれるでしょう。

 

 

祈りの効果4.潜在意識がより良く書き換わる

感謝の祈りを続ければ、あなたの潜在意識が書き換わり、今ある環境に心の底から感謝できるようになれます。

現状に心の底から感謝できるということは、現状に満足感や幸福感が得られているということです。

 

潜在意識は無自覚の意識とも呼ばれ、人間の意識の97%を占めています。

その分大きな影響力を持っているため、潜在意識が書き換われば、自身を取り巻く環境が一変するのです。

「仕事が嫌いで会社という存在を疎ましく思っていた人が、仕事を好きになることで会社に行きたくて仕方がなくなる」といった感じですね。

それこそ、潜在意識の在り方によっては、同じ境遇で幸せにも不幸にもなり得えます。

それほどまでに、潜在意識の影響は大きいのです。

 

潜在意識の書き換えについては下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ確認してみてください。

⇒【保存版】潜在意識の書き換えで願望を引き寄せる方法

 

このように、潜在意識は幸せになるためには、とても重要なものなのです。

心から感謝の祈りを行えば、この潜在意識をより良いものに変え、幸せになることができますよ。

 

 

祈りの効果5.人と祈り合うことで深い絆を得ることができる

祈りは、捧げた方も捧げられた方も、どちらも幸せになることができます。

つまり、お互いに祈り合うことができれば、まさに「win-win」な関係を築けるのです。

 

お互いがお互いの幸せのために祈り、さらにどちらも幸せになれるのだとすれば、祈りをきかっけにして深い絆で繋がることも可能ですよね。

ぜひ、親友や恋人と試して、幸せを共有してください。

 

 

祈りのやり方を具体的に説明

ここからは、祈りの正しいやり方について説明していきます。

祈り方を覚えて、ぜひ日々の習慣にしてみてください。

 

また、祈り方は宗教によって色々あるのですが、今回は「祈りの持つ力【科学的に実証された2つの効果】」で効果が立証されたカトリックの簡単な方法をお教えします。

よく手の組み方や合わせる形を気にする人がいますが、重要なのはそこではなく「十字の切り方と文言」です。

それを意識した上で、下記、祈りの捧げ方を確認してください。

 

  1. まず、手を軽く丸め、指を数本額の辺りに持って行き、軽く触れてください。このとき、「父と」と口にしてください。

  2. その指を胸と腹部の間まで下ろし、軽くそこに触れてください。このときは、「子と」と言いましょう。
  3. 次に指左手の付け根の辺りまで移動させ、そこに軽く触れてください。このときは、「聖霊の」と言います。
  4. 今度はその指を水平に動かし、右手の付け根辺りを触れてください。そして、「御名(みな)によりて」と言います。
  5. 両方の手を胸の前で合わせて、「アーメン」と言い、祈りを捧げてください。

 

この一連の流れを繋げて行うと、十字を切りながら、「父と子と精霊の御名によりて、アーメン」と口にして、祈りを捧げる形になります。

これが祈りを捧げるさいの一連の手順です。

 

手の位置と言葉の関係性に意味がありますので、そこは注意するようにしてください。

また、本質は祈りをささげる心にあり、動作だけでは意味がない、ということも知っておいてください。

 

 

【まとめ】祈りは潜在意識を書き換えて願望を引き寄せる

今回は、祈りについてお話をさせていただきました。

 

祈りとは、人を超越したものに対してメッセージを送るためのもので、大きく分けて下記の3つの種類があります。

 

  1. 願い事をする祈り
  2. 感謝を伝える祈り
  3. 呪い

 

そして実は、祈りの効果性は、科学的に実験や研究で立証されているのです。

詳しい実験内容につきましては、下記を読み返してみてください。

祈りの持つ力【科学的に実証された2つの効果】

 

具体的には、あなたは下記の5つの効果を実感できるでしょう。

 

  1. 癒しの効果がある
  2. 波動を高めることで、願望を引き寄せる効果がある
  3. 幸福感を得ることができる
  4. 潜在意識がより良く書き換わる
  5. 人と祈り合うことで深い絆を得ることができる

 

とくに、「感謝の祈り」は、引き寄せの法則と相性がかなり良いので、引き寄せの法則がうまくいかないという人は、試してみてください。

引き寄せの法則については下記の記事で詳しくまとめてあります。

引き寄せの法則に祈りを組み込み、願望を引き寄せましょう。

⇒引き寄せの法則の本質とやり方はこの1記事で完ペキ!

 

また、祈りのやり方が分からない方は、下記を参考にしてください。

 

  1. まず、手を軽く丸め、指を数本額の辺りに持って行き、軽く触れてください。このとき、「父と」と口にしてください。
  2. その指を胸と腹部の間まで下ろし、軽くそこに触れてください。このときは、「子と」と言いましょう。
  3. 次に指左手の付け根の辺りまで移動させ、そこに軽く触れてください。このときは、「聖霊の」と言います。
  4. 今度はその指を水平に動かし、右手の付け根辺りを触れてください。そして、「御名(みな)によりて」と言います。
  5. 両方の手を胸の前で合わせて、「アーメン」と言い、祈りを捧げてください。

 

この一連の流れを繋げて行うと、十字を切りながら、「父と子と精霊の御名によりて、アーメン」と口にして、祈りを捧げる形になります。

ただし、言葉を発するタイミングと手の位置には意味がありますので、ずれないように注意してください。

 

祈りは、うまく活用すれば、自分も他人も幸せになれる手法です。

その上、難しいものでもありません。

これを機に、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

 

 

【オススメ記事】頑張らずに幸せになる方法

どんな占いよりやセラピーよりも人生の幸福度がアップする!ある道具で幸せ引き寄せ体質をつくる誰でも誰でもできる引き寄せの3ステップとは?

  • 本当は幸せになりたいのに無理して嫌なことまで頑張っている
  • 人自分の人生を楽しみたいのに他人と比べてしまう…

そんなあなたにオススメの”ある道具”を使った、無理せず気楽に実践できる幸せ引き寄せメソッド、その名も『引き寄せ体得プログラム』を紹介する記事です。

 

「もっと自分の人生を楽しみたい…」

そう感じたら、一度読んでみてください。

>引き寄せ体得プログラムを確認

 

 - スピリチュアル