未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

生きがいがない人必見!誰でもできる生きる意味の見つけ方とは!?

   

飲み会が生きがいな女性
【このサイトの運営者】ミッチ
人間の心やスピリチュアルな世界が好きな普通の人。当サイト「未知リッチ」は毎月20万人が購読。無料メルマガで「幸せを引き寄せる体質」の作り方を伝え「無理して頑張る人」が少なくなれば世界はもっと楽しくなると信じている。

今回お伝えするのは、生きがいのない人が趣味や人生の目標を見つけ、いきいきと生きていくための方法です。

 

あなたは今、「昔はもっといきいきとしていたはずなのに」とか、「そもそも生きがいって何なの?」というふうに感じてはいませんか?

現代社会における日々のストレスで人生がくだらないものに見えてしまっていたり、自分の存在意義が今一つ分からなかったり……そんな人にこそ、今回の記事は読んで欲しいと思っています。

 

生きがいを見つければ、人生が一変します。

なんせ自分の視点が変わるわけですから、本当に大きな変化を実感できるんです。

たとえば、朝起きるのが楽しみになったり、暇つぶしという考え方をしなくなったり、多少のことでは落ち込まなくなったり、とにかく、人生が楽しくてしかたがなくなるんです。

生きがいを持てれば、無趣味、無気力の人とは、まるで違う人生を送れることでしょう。

 

生きがいは、人生を賭けてでも見つけるべきものです。

あなたもこの記事を読んで、自分の生きがいの探し方を学んでください。

 

 

そもそも生きがいとは?

ここからは、そもそも「生きがい」とはどういうものなのかについて説明していきます。

生きがいを持とうとはするけれど、そもそも生きがいの定義や必要性がよく分かっていない、という人は多いです。

もしかするとあなたもそうかもしれませんね。

 

生きがいは、ときに大学の論文で論じられることもあります。

とくに「高齢者の生きがい」については、よくよく議論されていますね。

これは、事実、生きがいを持つことで健康寿命が延びるという研究結果が出ているからです。

 

そしてこれは、何も高齢者だけに限ったことではありません。

まだ若い人だって、楽しみがあったり、やりがいを感じたりしていた方が、より健康的にいられるんです。

 

つまり生きがいは、私たちの健康や寿命にも大きな影響を及ぼす、人生と切っても切れないものなのです。

では、その「生きがい」について、定義をしっかり理解していきましょう。

 

 

生きがいの意味

生きがいとは、本人が感じる「生きる意味や価値」のことをいいます。

つまり、人によって細かい定義はまちまちだということです。

たとえば、「晩酌のビールが生きがいだ!」という人もいれば、「晩酌のビールはおいしいけれど、達成感がないから生きがいではない」という人もいます。

 

下記、生きがいに関するアンケートの集計表を確認してみてください。

 

充実感を感じるとき

(参考:「第6回世界青年意識調査」より引用)

 

これを見ると分かるとおり、1位の半数が「友人や仲間といるとき」に生きがいを感じると答えているのに対し、5位の15%程度の人は、「他人にわずらわされず、一人でいるとき」に生きがいを感じると答えています。

つまり、人によって生きがいを感じるときはまったく違う、ということですね。

 

生きがいはあくまでも、本人が感じる「生きる意味や価値」のことです。

この、「本人が感じる」、という部分が重要です。

たとえば、「晩酌のビールがおいしいことに人生の意味や価値を見出せている人」は生きがいを感じ、「晩酌のビールがおいしいだけでは人生に意味や価値を見出せない人」は、そこに生きがいを感じることができないのです。

 

つまり、生きがいは人それぞれの価値観におけるものであるということですね。

趣味があることが生きがいである、という人がいれば、仕事が生きがいであるという人もいます。

結婚して家族や子供と一緒に暮らすことが生きがいであるという人もいれば、1人の時間が生きがいだからという理由で独身を貫く人だっているのです。

 

生きがいは、人によって自由に感じることができるものです。

極論、生きていることにこそ意味があると感じている人は、常に生きがいを感じながら生きていることでしょう。

人気お笑い芸人であるさんまさんの名言、「生きてるだけで丸儲け」は、まさに「生きていること生きがい」、といった言葉ですね。

 

このように、何に生きがいを感じるかに制限はありません。

つまり、あなたの感性を書き換えることができれば、常に生きがいを感じながら人生を謳歌することもできるということなのです。

 

 

生きがいは誰でもいつでも持てるもの!【主婦でも高齢者でも!】

生きがいは、どんな人だって感じることのできるものです。

40代、50代の専業主婦でも、高齢者の方でも、子なし独身の方でも、男性でも女性でも、みんなが生きがいを感じることができるのです。

もちろん、健康状態や定年、老後、なんてものも関係ありません。

 

上記で少しお話しましたが、生きがいは、感性を磨くことで何にだって感じることができるものです。

たとえば、小さな花を育てることに生きがいを感じる人もいれば、それこそ、生きているだけで生きがいを感じる人もいるわけです。

生きがいが欲しいと思ったとき、多くの人は、何か大それたことをしようとします。

ギターを始めてみたり、投資を始めてみたり、起業してみたり、という人もいますね。

そして、そのうち多くの人は、時間やお金の制約で諦めてしまい、「生きがいがない」とか、「自分は生きがいを持つことができない」というふうに落ち込んでしまうのです。

 

しかし、現実はそうではありません。

それこそ、「生きてるだけで丸儲け」というさんまさんの名言どおりの感性で生きていければ、生きているだけで生きがいを感じるわけですからね。

 

もし今、あなたが、「私には生きがいがない」と感じているのでしたら、ぜひ知っておいてください。

生きがいは、誰にだって持てますし、何にだって感じることができるのです。

 

 

【誰でもできる】生きがいの見つけ方3選

ここからは、生きがいの探し方として、下記の3つを紹介をしていきます。

 

  1. 新しいことにどんどんチャレンジする
  2. 人との繋がりをつくる
  3. カウンセリングで自分が本当にやりたいことを知る

 

生きがいを感じられるものの探し方から、色々なことに生きがいを感じられる感性のつくり方まで、詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

生きがいの見つけ方1.新しいことにどんどんチャレンジする

もっとも分かりやすい生きがいの見つけ方として、色々と新しいことにチャレンジしていくことがおすすめです。

新しいことを始めて生きがいに出会うパターンは本当に多いですからね。

 

たとえば、下記のようなことを始めてみてはいかがでしょうか?

 

  • スポーツ
  • 登山
  • ボランティア
  • ペットを飼う
  • アニメやゲーム
  • 歌手やアイドルのライブに行く
  • 車にこだわってみる
  • 筋トレ
  • 川柳
  • 旅行
  • 釣り
  • ゴルフ
  • ゲートボール
  • バイク
  • マラソン
  • 副業
  • 個人規模での農業

 

などなど、今の日本には楽しいことややりがいのあることがたくさん溢れています。

おそらくあなたにも、未経験なことがたくさんあるのではないでしょうか?

そしてきっと、中には心の底から楽しいと思えることもあるはずなのです。

 

経験は、人生を豊かにします。

精力的に動けるという人は、ぜひ新しいことにどんどんチャレンジして、生きがいを見つけてください。

 

 

生きがいの見つけ方2.人との繋がりをつくる

人との繋がりの中で生きがいを探すのも、とても有効な手段です。

 

内閣府のホームぺージにあるアンケートの結果でも、半数以上の人が「友人や仲間といるときに1番生きがいを感じる」と答えています。

生きがいと人との繋がりは、切っても切り離せない関係にあるということですね。

 

生きがいをつくるために、自ら動いて、人との繋がりを深めていきましょう。

人との繋がりを深めたいなら、下記のやり方がおすすめです。

 

  • こちらから積極的に友人を誘う
  • 最近連絡をとっていない人に連絡をとる
  • 家族との時間を増やす
  • 自分主導で飲み会を開催する
  • カフェ会に参加する
  • サークル活動に参加する
  • ボランティアに参加する

 

などなど、他にも人と関わり合いを持てる場は数多く存在しています。

 

人と繋がることで、その人と過ごす時間が生きがいになるかもしれませんし、もしくは人の影響を受けることで感性が変わって、今までなんとも思っていなかったことに生きがいを感じられるようになるかもしれません。

人と会うということは、あなたにとっての刺激なのです。

生きがいのない人生とは、刺激のない人生でもあります。

ぜひ人との繋がりで刺激を感じて、あなたの生きがいを見つけ出してください。

 

 

生きがいの見つけ方3.カウンセリングで自分が本当にやりたいことを知る

生きがいを見つける方法として、カウンセリングを受けることも、とても効果的です。

カウンセリングには、下記のような効果があります。

 

  • 自分が本当にやりたいことに気づくことができる
  • 感性が変わり、人生を楽しめるようになる

 

どちらも、生きがいを感じるためにはとても有効な効果です。

 

カウンセリングは、潜在意識にアクセスするために行います。

潜在意識は、人間の意識の97%を占める本音の部分です。

しかし、潜在意識は無自覚な意識と言われており、普段は自覚することができません。

たとえば、自分でもなぜかわからないけれど素直になれない、ということはないでしょうか?

そういうときは、この潜在意識が、無自覚なうちに働いているのです。

 

カウンセリングでは、この潜在意識にアクセスし、本音を引き出します。

そのため、「あなたが本当にやりたかいこと」を見つけ出すことができるのです。

本当にやりたいことが見つかれば、自然とそれが生きがいになるでしょう。

 

さらにカウンセリングでは、精神的なブロックを外すこともできます。

今までの人生で作り上げてきた固定観念を外して、あなたの感性を素直な状態へと戻すことができるのです。

素直な感性で今あるものを見直せば、そこに生きがいを見つけられる可能性も高いでしょう。

 

カウンセリングを受けるなら、未知リッチで推奨している西澤さんがおすすめです。

西澤さんは、2000人以上と向き合い、生きがいに気づかせてきた信頼できるプロです。

西澤さんのカウンセリングを受ければ視点が変わり、生きがいを見つけ出すことができるでしょう。

下記の記事で、実際にカウンセリングを体験した人の声をまとめていますので、生きがいを見つけたい方はぜひ確認してみてください。

⇒本当のやりたいことが見つかる個別相談セッション『ETF』のご案内

 

 

【まとめ】生きがいは自分の潜在意識に聞こう【あなたは何が好き?】

今回は、あなたが生きがいを見つけるための方法についてお話ししてきました。

 

生きがいとは、本人が感じる「生きる意味や価値」のことです。

そして人それぞれ、「生きる意味や価値」を何に感じるかは自由なのです。

そのため、生きがいは誰でも持つことができます。

たとえお金や時間、もしくは健康や年齢の制約があろうと、生きがいを持つことは可能なのです。

 

生きがいの見つけ方として、紹介させていただいたのは下記の3つでした。

 

  1. 新しいことにどんどんチャレンジする
  2. 人との繋がりをつくる
  3. カウンセリングで自分が本当にやりたいことを知る

 

とくにカウンセリングは、あなたの感性を変えさせてくれます。

カウンセリングで感性を磨けば、生きていること自体に生きがいを感じることもできるようになるのです。

カウンセリングを受けるなら、未知リッチで推奨している西澤さんがおすすめです。

感性が変わるだけでなく、あなたが本当にやりたいことを、あなた自身の心から引き出してもらえます。

大きな気づきとともに、かけがえのない生きがいが見つかるかもしれませんよ。

西澤さんのカウンセリングに関しては下記でまとめていますので、ぜひ確認してみてください。

⇒本当のやりたいことが見つかる個別相談セッション『ETF』のご案内

 

生きがいは、誰しもが持てるものです。

どんな制約があろうと、極論、生きているだけで生きがいは持てます。

そのことを頭に留めておき、年齢や立場にとらわれず、自分の生きがいを見つけ出して、楽しい人生を過ごしましょう。

 

【オススメ記事】頑張らずに幸せになる方法

どんな占いよりやセラピーよりも人生の幸福度がアップする!ある道具で幸せ引き寄せ体質をつくる誰でも誰でもできる引き寄せの3ステップとは?

  • 本当は幸せになりたいのに無理して嫌なことまで頑張っている
  • 人自分の人生を楽しみたいのに他人と比べてしまう…

そんなあなたにオススメの”ある道具”を使った、無理せず気楽に実践できる幸せ引き寄せメソッド、その名も『引き寄せ体得プログラム』を紹介する記事です。

 

「もっと自分の人生を楽しみたい…」

そう感じたら、一度読んでみてください。

>引き寄せ体得プログラムを確認

 

 - 健康