未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

第三の目が開いている人は真実を見抜く!開眼して覚醒する3つの方法

   

女性の目
【このサイトの運営者】ミッチ
人間の心やスピリチュアルな世界が好きな普通の人。当サイト「未知リッチ」は毎月20万人が購読。無料メルマガで「幸せを引き寄せる体質」の作り方を伝え「無理して頑張る人」が少なくなれば世界はもっと楽しくなると信じている。

【ご好評につき追加開催決定!】活躍できるセラピスト・コーチになるためのグループコーチングセミナー【参加者募集中!】

 

今回の記事の内容は、人間が持つ「第三の目(サードアイ)」についてです。

 

第三の目が開いている人は、直感力や霊感に優れており、真実を見抜く力を持っているとされています。

 

第三の目が完全に開けば、この世にある神秘や、神話に隠された意図、宇宙人からのメッセージなどを、正確に読みとれるようになるのです。

そのため、第三の目が完全に開眼している人は、超能力者に近い能力を持っていると言っても過言ではありません。

 

そして、第三の目は、開き方さえ知っておけば、訓練次第で誰にでも開くことができます。

第三の目というと、生まれつきの才能で「開いているか、いないか」が分かれると思っている人が多いのです、それは間違いです。

第三の目が開くタイミングでもっとも多いのは、20歳を超えてからだと言われています。

つまり、あなたが今から第三の目を開眼することも、十分に可能であるということです。

 

今回の記事では、第三の目を開くことで得られる効果と、第三の目の開き方についてお話をしていきます。

あなたもこの記事を参考にして、真実を見抜ける人になりましょう。

 

 

第三の目(サードアイ)とは何なのか?

「第三の目」は、「サードアイ」、「内なる目」という別名を持つ、スピリチュアル的なものを感じとるための「目」です。

ただし、「目」といっても物質的なものを指すのではなく、眉間の上あたりにある脳(松果体)に位置する第6チャクラのことを指しています。

 

チャクラとは人体に7つ存在している、エネルギーの出入り口のことです。

第三の目はこの7つのうち6つ目のチャクラのことを指しており、そこが開いて活性化している状態を、「第三の目が開いている状態」と言っているのです。

 

チャクラについての詳しい説明はこちらの記事でまとめてあります。

第6チャクラについて確認していただけると、より第三の目ついての理解が得られますので、ぜひ読んでみてください。

⇒【保存版】チャクラとは?7つの色の意味とチャクラを開く方法

 

第三の目(第6チャクラ)が存在しているとされる松果体は、物質と精神を繋ぐ場所であり、魂の在りかであるとも言われています。

つまり第三の目は、人体の中でもかなりスピリチュアルな器官なのです。

だからこそ、使いこなすことで、あなたのスピリチュアルな力が解放され、色々なことができるようになるわけですね。

 

 

第三の目が開眼すると見えないものが見えてくる

第三の目が開くと、下記の3つの効果が表れます。

 

  1. 直感力や霊感が上がる
  2. 想像力や知性が上がる
  3. セルフコントロールが身に付く

 

まず、第三の目が開眼すると、直感力霊感が上がります。

そのため、今まで見えていなかったものや、気づいていなかったものが分かるようになるのです。

たとえば、人の本心が見えるようになったり、今まで気づいていなかった物事の関連性に気づけるようになったり、実体を持たないスピリチュアルな存在が感じられるようになったりします。

まさに、真実が見えるようになるということですね。

 

さらに、第三の目が開くと想像力知性についても強く働くようになります。

そのため、今まで思いつけなかったようなすごいアイディアが降りてきたり、苦手だった数学が突然理解できるようになったりするのです。

周りに、急に勉強の成績が上がったり、仕事ができるようになったりした人がいたら、その人も第三の目を開眼して、覚醒したのかもしれません。

第三の目は、使い方が上手ければ、実生活においてもかなり活かすことができるのです。

 

そして、第三の目の開眼でもう1つ上がるのが、セルフコントロール力です。

セルフコントロール力とは、何かが起こったさいに自制する能力のことをいいます。

たとえば、腹が立つことがあっても冷静に対処ができたり、強いストレスを受けてもいつも通りの行動ができたり、夜中にお腹が減っても間食という誘惑に耐えることができたり、というのは、このセルフコントロール力の有無によって左右されます。

つまり第三の目を開眼することができれば、あなたはあなた自身をしっかり抑制できるようになるということです。

 

以上が、第三の目を開くことで得られる効果です。

中でも1番大きな効果は、今まで見えていなかった真実が見えるという部分ですが、それ以外にもたくさんの効果が得られます。

あなたもぜひ今回の記事を読み込んで、第三の目を開眼させてください。

さまざまな恩恵を受けとることができますよ。

 

 

第三の目を開いて覚醒する3つの方法

第三の目を開眼し、覚醒するには、こちらの3つの方法がおすすめです。

 

  1. アファメーション
  2. 瞑想
  3. 引き寄せの法則

 

他にも、エレキバンを使う方法や、パワーストーンを使った方法もありますが、効果性で言えば、今回紹介させていただく3つの方法がもっとも効率的であるといえます。

さっそく詳細を説明していきますので、第三の目を開きたいなら、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

第三の目を開く方法1.アファメーション

第三の目を開く方法として、アファメーションはとても効果的です。

かつ、実践しやすいというメリットもあります。

 

アファメーションは、言葉の力を使い、深層意識であったり、先入観であったりを書き換えるための手法です。

望みに応じた言葉を、毎日継続して口にしたり、もしくは紙に書いたりすることで、意識の書き換えを行います。

 

第三の目を開きたい、という場合には、「私はすべてのものを正しく見ることができている」という言葉を使ってください。

これは、真実やスピリチュアルなものは見えない、という先入観を打ち砕くための言葉です。

この言葉を繰り返し口にすることによって、精神的なものが見えないという先入観がなくなり、第三の目がさまざまなことをとらえ始めるのです。

 

1度第三の目が開き始めると、あとはアファメーションを繰り返すだけで、どんどんと活性化するようになってきます。

そうなってくると、想像力、知性、セルフコントロール力も上がっていき、最終的に第三の目が完全に開眼し、覚醒できるのです。

 

アファメーションの詳しいやり方については、こちらの記事で紹介しています。

やってみると案外簡単にできますので、ぜひ確認して、実践してみてください。

⇒アファメーションとは?アファメーション3つの基本の方法とルール

 

 

第三の目を開く方法2.瞑想

瞑想により、眉間の上あたりに意識を集中することで、第6チャクラが活性化され、第三の目を開眼することができます。

ずっと眉間の上あたりを意識をしていると、だんだん「むずむず」するような、熱いような感覚がしてきます。

そしてそれが、まるでお灸を置いているように強くなってきたら、それが第三の目が開く前兆なのです。

 

やり方としては、毎日5分程度、楽な姿勢で目を閉じて、眉間の上あたりに意識を集中するという行為を繰り返してください。

最初のうちは何も感じないでしょうが、何日も繰り返しているうちに、だんだん「むずむず」を感じるようになってきますよ。

 

とにかく意識を集中することができれば、あまり細かいやり方を気にする必要はありません。

ただ、どうせなら完璧な瞑想がしたい、というのなら、下記の記事を参考にしてください。

呼吸法についても詳しく説明されていますので、質の良い瞑想ができるようになりますよ。

⇒【瞑想入門】安全な瞑想のやり方と効果とは?

 

 

第三の目を開く方法3.引き寄せの法則

引き寄せの法則で、「すでに第三の目が開眼している自分」を引き寄せることもできます。

引き寄せの法則はあらゆる願望を叶える手法ですので、こういう使い方もできるんですね。

 

引き寄せの法則には、波動が深く関わっています。

波動とは、この世のものすべてが固有で持っている周波数のことです。

物質はもちろん、魂や思考にいたるまで、すべてのものにこの波動はそなわっています。

そしてこの波動には、「波動共鳴」という、似た波動の持ち主を引き寄せ、強め合うという現象があります。

引き寄せの法則はこの波動共鳴を利用して、願望を引き寄せる手法なのです。

 

たとえば今回の場合は、心の底から「私は第三の目が開眼され、真実を見抜くことができている」と思うようにしてください。

すると、自然と行動もそのように変化していきます。

そして、思考や行動から、「第三の目が開眼している人」の波動が発せられるようになるのです。

そうなると、波動は似た波動を引き寄せる性質がありますので、実際に「第三の目が開いた自分」を引き寄せてくれるというわけですね。

 

しかし引き寄せの法則は、言葉にするのと実際にやってみるのとでは、難易度に大きな差があります。

というのも、引き寄せの法則で肝となる本心の書き換えが、とても難しいのです。

表面上は「私は第三の目が開いている」と思えていても、自覚できない深層意識の部分で「第三の目なんてどうせ開けない」と考えてしまっていた場合は、引き寄せの法則が正しく作用してくれません。

むしろ、「第三の目がどうせ開けない」という自分が引き寄せられてしまいますので、逆効果にすらなってしまいかねないのです。

 

とはいえ、引き寄せの法則はとても効果的な手段です。

最短で第三の目を開きたいのなら、ぜひともマスターしておいてほしいという気持ちもあります。

 

そこで、引き寄せの法則をマスターする上でおすすめなのが、プロの手を借りるという方法です。

引き寄せの法則はスピリチュアルの世界では有名な手法ですので、多くの人が実践しています。

しかし、自分1人の力ではうまく本心の部分を書き換えることができないため、実は成功率があまり高くありません。

その点、プロの手を借りれば、確実に引き寄せの法則を実践することができます。

とくに、未知リッチを共同運営している西澤さんは、引き寄せの法則に特化した個別セッションを行っているプロ中のプロです。

もし引き寄せの法則を実践したいなら、ぜひ西澤さんのセッションを受けてみてください。

こちらの記事に詳細を載せていますので、引き寄せの法則を実践するなら読み込むだけでも、かなり参考になりますよ。

⇒引き寄せの法則がうまくいかない!そんなときこそ専門家に相談

 

 

【まとめ】第三の目を開いて真実を見抜こう

今回は、真実を見抜く第三の目についてお話をしてきました。

第三の目は第6のチャクラであり、開眼することで、これらの効果を得ることができます。

 

  1. 直感力や霊感が上がる
  2. 想像力や知性が上がる
  3. セルフコントロールが身に付く

 

とくに大きいのが、直感や霊感の上昇により、今まで見えていなかったものが見えるようになるという効果です。

この世界の真実をありのままに受け入れることができるようになりますので、第三の目が開けば、あなたの見える世界はかなり大きく広がることでしょう。

 

第三の目は、自分自身の手で開眼させることができます

そのための方法としては、とくに効果的なものを3つ紹介させていただきました。

 

  1. アファメーション
  2. 瞑想
  3. 引き寄せの法則

 

今回の記事で詳しいやり方の説明もしていますので、ぜひ読み返して、実践してみてください。

⇒第三の目を開いて覚醒する3つの方法

 

第三の目を開けば、あなたの能力が大きく上がり、真実を見抜くことができるようになります。

スピリチュアルに触れる能力も大幅に上がりますので、世界の真実に興味があるのなら、ぜひ今回の記事を参考にして、あなたの第三の目を開眼させてください。

 

 

【オススメ記事】頑張らずに幸せになる方法

どんな占いよりやセラピーよりも人生の幸福度がアップする!ある道具で幸せ引き寄せ体質をつくる誰でも誰でもできる引き寄せの3ステップとは?

  • 本当は幸せになりたいのに無理して嫌なことまで頑張っている
  • 人自分の人生を楽しみたいのに他人と比べてしまう…

そんなあなたにオススメの”ある道具”を使った、無理せず気楽に実践できる幸せ引き寄せメソッド、その名も『引き寄せ体得プログラム』を紹介する記事です。

 

「もっと自分の人生を楽しみたい…」

そう感じたら、一度読んでみてください。

>引き寄せ体得プログラムを確認

 

 - スピリチュアル