未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

勉強や仕事でやる気を出させる方法や名言【小学生、高校生、会社員の場合】

   

やる気のない学生
【このサイトの運営者】ミッチ
人間の心やスピリチュアルな世界が好きな普通の人。当サイト「未知リッチ」は毎月20万人が購読。無料メルマガで「幸せを引き寄せる体質」の作り方を伝え「無理して頑張る人」が少なくなれば世界はもっと楽しくなると信じている。
 

今回の記事では、人にやる気を出してもらう方法について説明していきます。

 

心理学などでは、「他人を変えることはできない」とよく言われます。

これは、他人を思い通りに操ろうとしても、そうそううまくはいかないということです。

 

しかし実は、他人にやる気を出させる方法というものは存在しています。

他人を思い通りに、とまではいきませんが、やる気を出してもらえれば、自発的に動いてもらうこともできますよね。

 

あなたは、「他の人のやる気が低くて困った」という経験はありませんか?

 

  • 小学生の息子がなかなか机に向かってくれない
  • 高校生の娘が受験前なのに遊んでばかりいる
  • 部下がぜんぜん仕事に精を出してくれない

 

などなど、「なんとかやる気を出させたい!」と思う場面が、今までに何度かあったのではないでしょうか。

 

そこで今回は、上記の3パターンについて、自発的にやる気を出してもらう方法を大公開していきます。

下記よりさっそく詳細を説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【場合別】やる気を出させる方法

ここからは、下記3つの場合について、やる気を出させる方法をお伝えしていきます。

 

  • 【小学生】勉強のやる気を出させる方法
  • 【高校生】受験のやる気を出させる方法
  • 【会社員】部下や派遣社員のやる気を出させる方法

 

親や上司という立場は、相手にやる気を出してもらえるかどうかで心労の有無が大きく変わります。

もしかすると今までは、相手がやる気を出してくれないせいで心労が溜まる、と受け身で思っていたかもしれませんね。

 

しかし実は、こちらからの働きかけで相手にやる気を出させることは可能なのです。

その詳細については、下記を参考にしてください。

 

 

【小学生】勉強のやる気を出させる方法

小学生の子供に勉強のやる気を出させるには、下記の2つが重要になります。

  • 興味を持たせてあげること
  • 勉強の意識を変えてあげること

 

まず、子供が勉強に興味をもつにはどうすれば良いかについて説明していきましょう。

 

重要なのは、「なぜ勉強をしなければいけないのか」を上手に伝えてあげることです。

そもそも、勉強をすればどうなるのか、子供の立場からすれば何もわからないわけですからね。

 

何が楽しいのかわからないのに、とにかく「やれやれ」と言われていれば、やる気を失ってしまうのも仕方がないことだとは思いませんか?

 

男の子なんかは、とくに反発したい年頃でもありますからね。

やれと言われればやりたくなくなるものです。

 

 

そこで有効なのが、子供が興味を持っていることと勉強を繋げてあげることです。

たとえば、ゲームが好きな子供なら、ゲームを作るためには理数系の知識が必要だと教えてあげてください。

スポーツが好きな子供なら、コミュニケーションが重要だから語学を学ぼう、というように誘導してあげてください。

 

好きなことと勉強が結びつけば、子供の中で勉強をする意味ができあがります

すると、勉強自体にも興味を持ってくれるというわけですね。

 

 

次に、勉強に対する意識の変え方についてです。

要は、勉強は楽しくないものだと思っているから、子供は勉強を嫌がるわけです。

 

よくありがちなのですが、「勉強をがんばらないとロクな大人にならないよ!」という、ネガティブな理由付けで勉強をさせようとはしていませんか?

これは、子供に危機感を与えて机に向かわせるという教育方針ですね。

 

まず子育て全般に言えることですが、子供にネガティブな言葉ばかりをかけるのは良くありません。

なぜなら、ネガティブな言葉が子供の意識に染みついてしまうからです。

 

人の意識は自覚していない部分が97%あると言われており、これを潜在意識と呼びます。

そして人の行動は、実はこの潜在意識に大きく引っ張られているのです。

 

たとえば、「勉強しないと将来貧乏になっちゃうよ!」と幼少期に言われ続けたとしましょう。

 

その場合潜在意識に刻み込まれるのは、「やりたくないけど勉強をしないと痛い目を見てしまう」というネガティブな意識になってしまいます。

こうなってくると子供は、「勉強は楽しくないものだから、とりあえず痛い目を見ない程度にやっていればいいや」となります。

 

さらに、成長するにつれ、勉強をがんばる以外の生き方もたくさん知っていきますので、ついには勉強をしなくなってしまうというわけです。

 

 

しかし逆に、「勉強をがんばればがんばるほどお金持ちになれて、おいしいものがたくさん食べられるよ!」と伝えたとしましょう。

すると子供の潜在意識には、「勉強はやればやるほどおいしい目を見れる楽しいものだ」という意識が刻み込まれます。

 

そして、勉強をすると自分が得できるんだ、と思った子供は、自分のために、自発的に机に向かうようになるのです。

 

つまり、「勉強をしないと損をする」のではなく、「勉強をすれば得をするんだ」、と潜在意識に刻み込まれるわけですね。

 

潜在意識について詳しくは下記の記事で説明させていただいています。

子供の教育にはとても大事な知識になりますので、併せてぜひご確認ください。

⇒【保存版】潜在意識の書き換えで願望を引き寄せる方法

 

 

とにかく小学生くらいの子供を机に向かわせるには、「勉強に興味を持たせてあげること」と「勉強に対する嫌な意識を書き換えてあげること」が重要なのだと覚えておきましょう。

 

 

 

【高校生】受験のやる気を出させる方法

受験生のやる気を出させるには、目的意識をしっかりさせることが重要になってきます。

 

とくに高校を卒業してからの進路というのは、将来なりたい職業に直結しますからね。

大学受験をするならなぜ大学に行くのか、就職活動をするならなぜ就職をするのか、その辺りをしっかり認識しておく必要があるのです。

 

そもそも今は、お金を出して場所さえ選ばなければ、大抵の人がどこかしらの大学には行けます。

つまり、とりあえず大学生になりたいという考え方であれば、そもそも努力する必要性がまったくないのです。

 

高校を卒業する段階であれば、本人も進路について自分で考える力を持っているはずです。

ですので、受験勉強を始める前に、まずは将来どうなりたいのかを聞いてあげると良いでしょう。

 

その上で、今の受験勉強がどれくらい大切なのかを説明してあげるか、目的によっては大学受験が全てではないということを教えてあげてください。

 

ただし、そのときには、子供の自主性を尊重してあげることが重要です。

とくに、下記の言動は控えるようにしましょう。

 

  • 頭ごなしに上から目線でものを言う
  • 他の人と比較する

 

頭ごなしに、上から目線でものを言うと、子供は反発してしまいます。

そうなると、素直にやりたいことを口にしてくれなくなってしまうのです。

 

また、他の人との比較もタブーです。

あくまで、目の前の子供だけを見てあげてください。

 

とても成績が優秀な子ならまだ良いのですが、そうでない場合、劣等感を抱いてしまうと、やる気の阻害に繋がりますからね。

 

 

高校生ともなると、もうほとんど大人と一緒です。

しかし、経験不足は否めません。

 

考えることはできても、知らないことが多いのです。

ですので、受験にしろ他のことにしろ、自分自身の意思で目的を持って行うことの大切さ教えてあげると、それがやる気に繋がるでしょう。

 

 

もし、子供をうまく目的に導くことが難しいと感じるのなら、カウンセリングを利用するのも1つの手です。

 

若いうちから目的意識をはっきりさせることができれば、目的達成の可能性も大きく上がりますので、受験という節目にプロの力を借りるのはとてもおすすめです。

 

未知リッチで推奨している西澤さんは、2000人以上に対し、本当にやりたいことを見つけ出してきた実績があります。

自分の力ではうまく目的に導いてあげられない、という方は、ぜひ下記の記事を確認してくださいね。

⇒本当のやりたいことが見つかる個別相談セッション『ETF』のご案内

 

 

【会社員】部下や派遣社員のやる気を出させる方法

部下や派遣社員、アルバイトの人にやる気を出させる方法としては、下記が有効です。

  • 失敗を恐れさせない
  • 成功体験を積み上げさせる
  • やっている仕事の必要性を納得させる
  • 信頼していることを伝える

 

 

まずは、失敗を恐れさせないことが重要です。

失敗を恐れすぎてしまうと、何にも挑戦できなくなってしまいます。
つまり、仕事を上手にこなすことに注力しだしてしまうのです。

 

そしてうまく仕事がこなせるようになると、次はうまく手を抜く方法を身につけてしまいます。

失敗したくないわけですから、今やっている仕事に慣れても、同じペースで同じことしかやりたがらないわけですね。

 

これでは、仕事にやる気を出せるはずもありません。

 

 

そして次に、成功体験を積み上げさせてあげることも有効な手段です。

何かに成功すると、嬉しくなって、またがんばろうと思えますよね?

 

人間は、ほとんどの人がそういう性質を持っています。

 

ですので、まずは簡単な仕事からでも1人で任せてあげて、成功を経験させてあげることがとても有効な手段になるのです。

1つ成功できれば、「今度もがんばるぞ!」というやる気が湧いてきます。

 

 

次に有効なのは、やっている仕事の必要性を納得させてあげることです。

やる気のない社員がよくこぼす愚痴に、「こんなことやって意味あるのかよ」というものがあります。

 

要は、自分がやっている仕事の必要性がわかっていないため、やりがいを感じることができていないわけです。

これではやる気は出ません。

 

ですので、まず、当人たちがやっている仕事の重要性を説明してあげて、当人たち自身の必要性についても言葉にして伝えてあげましょう。

 

やっていることの意味、自分たちの必要性を納得すれば、それが大きなやる気に繋がります。

 

 

そしてもう1つ重要なのが、相手を信頼していると伝えることです。

 

人は信頼されることでがんばれる生き物です。

とくに日本人は恩義を感じやすい民族性ですので、「信頼してもらえているから、がんばろう」とやる気を出してくれる可能性も高いのです。

 

要は、自分のことをきちんと見てくれている人に報いようとするわけですね。

ただし、あまり言いすぎてしまうとプレッシャーになってしまいますので、伝え方には気を遣いましょう。

 

以上が、部下、派遣社員、アルバイトに対してやる気を出させる方法です。

これは、下請けの人に対しても使えますので、営業的な側面でもぜひ参考にしてみてください。

 

 

やる気を出させるのにおすすめな本や名言

やる気を出させるためには、本を読んだり名言を知ることも有効です。

ここからは、やる気を出させるのにおすすめな本や名言を紹介していきましょう。

 

 

やる気を出させるための本

それではまず、やる気を出させるための本をご紹介していきましょう。

これらの本は、自分がやる気を出したいときにも有効ですので、ぜひご自身でも読んでみてください。

 

 

「やる気」が出る心理学

【「やる気」が出る心理学】

中越 裕史 (著)

 

やる気を出す方法について、心理学を元に語られた本です。

やる気を出す方法は人それぞれで、自分なりの方法を見つけましょう、ということが書かれています。

やりたいのにやる気が出ない、焦っているのにがんばれない、という人にとっては、とても参考になるでしょう。

 

 

 

自由人の脳みそ

【自由人の脳みそ – 仕事も夢も遊びも、自由に、自分の好きなように楽しむための38の考え方】

高橋歩 (著)、滝本洋平 (編集)

 

自由人として有名な高橋歩さんの著書になります。

誰かにやらされるのではなく、自分でやりたいことを行動に移すための「パワフルかつシンプル」な考え方が示されています。

「だって」とか、「どうせ」という言葉を使ってしまいがちな日本人ですが、この本を読めば「とにかくやろう!」というやる気が溢れてきますよ。

 

 

やる気を出させるための名言

ここからは、やる気を出すための名言のご紹介です。

どうしてもやる気が出ないとき、たった一言の言葉に救われるということはよくあります。

自分に合った言葉があるか、確認してみてください。

 

 

〇有能な者は行動するが、無能な者は講釈ばかりする

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 – 1950年11月2日)

アイルランドの文学者、脚本家、劇作家、評論家、政治家、教育家、ジャーナリスト。
ヴィクトリア朝時代から近代にかけて、イギリスやアメリカ合衆国など英語圏の国々で多様な功績を残した才人として知られている。

(引用:wikipedia)

 

 

〇今を変えなければ、未来は変わらない。

五郎丸 歩(ごろうまる あゆむ、1986年3月1日 – )

日本のラグビー選手である。
2歳年上(学年度では一つ違い)の兄、五郎丸亮もコカ・コーラレッドスパークスで活躍したラグビー選手である。

(引用:wikipedia)

 

 

〇人はしょせん、自分で自分の背中を押すしかないのだ。

カーク・ダグラス(Kirk Douglas, 1916年12月9日 – )

アメリカ合衆国の俳優・映画プロデューサー。

(引用:wikipedia)

 

 

いかがでしたか?

彼らは、自分の信念で動き、偉業を成し遂げてきた人たちです。

その言葉を聞けば、やる気が湧いてくるのではないでしょうか。

もし、自分の子供や部下にぴったりの名言がありましたら、ぜひ教えてあげてください。

 

 

やる気を出させるスキルを身につけるには?

実は、子供、部下に関わらず、人にやる気を出させるスキルがあります。
それが、「コーチング」です。

 

コーチングとは、目的達成に向けて導く、1対1の対話形式の手法のことをいいます。

 

このコーチングを受けることで、まずはあなた自身が、自分自身の在り方を変えてみてください。

やる気に満ちて目標を達成していく姿を子供や部下に見せることができれば、あなたは尊敬を勝ち取ることができるのです。

 

尊敬する相手の言うことであれば、やる気にも繋がりますよね?

それだけでも、コーチングを受ける意味はあります。

 

しかしそれだけではなく、コーチングスキルには再現性があるという特徴があります。

コーチングを受けたあと、今度はあなたが子供や部下を導いてあげるコーチ役になることもできるのです。

 

つまり、コーチングを受けることで、やる気を出させる言い回しやテクニックなど、心理学に基づいた具体的なスキルが身につくわけですね。

 

このように、コーチングは相手にやる気を出させる手法として、とても有効なスキルです。

コーチングについての詳細は、下記の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

⇒効果的なコーチングの受け方と自分に合うコーチの選び方

 

 

【まとめ】やる気を出させるも出させないもあなた次第

今回の記事では、下記の場面別にやる気を出させる方法を紹介してきました。

 

  • 【小学生】勉強のやる気を出させる方法
  • 【高校生】受験のやる気を出させる方法
  • 【会社員】部下や派遣社員のやる気を出させる方法

 

詳細については、下記を読み返してみてください。

⇒【場合別】やる気を出させる方法

 

ただ、やる気を出させるには、相手を変えるよりも、自分を変える方が有効な場合もあります。

自分が変わり、相手に尊敬されるようになれば、相手のやる気を出させることも容易になりますからね。

 

そこでおすすめなのがコーチングです。

コーチングは目標達成に向けて行う対話形式の手法になります。

再現性がありますので、あなたが受けることで、今度は子供や部下のコーチになることも可能になるのです。

 

つまりコーチングは、自分を尊敬される在り方に変えつつ、相手にやる気を出させる手法も学べるという、とてもお得な方法なわけですね。

 

かなりおすすめできる方法になりますので、人にやる気を出してもらえないとお悩みの場合は、1度下記の詳細を確認してみてください。

⇒効果的なコーチングの受け方と自分に合うコーチの選び方

 

 

子供や部下がやる気を出してくれないと、ついつい相手のせいにしてしまいがちです。

「やる気のない相手が悪い!」と思ってしまうわけですね。

 

しかし実は、自分を変えることで、相手にやる気を出させることも可能なわけです。

自分の在り方を変え、やる気を出させるスキルを身につけることで、あなたの悩みは解決することでしょう。

 

 

【オススメ記事】頑張らずに幸せになる方法

どんな占いよりやセラピーよりも人生の幸福度がアップする!ある道具で幸せ引き寄せ体質をつくる誰でも誰でもできる引き寄せの3ステップとは?

  • 本当は幸せになりたいのに無理して嫌なことまで頑張っている
  • 人自分の人生を楽しみたいのに他人と比べてしまう…

そんなあなたにオススメの”ある道具”を使った、無理せず気楽に実践できる幸せ引き寄せメソッド、その名も『引き寄せ体得プログラム』を紹介する記事です。

 

「もっと自分の人生を楽しみたい…」

そう感じたら、一度読んでみてください。

>引き寄せ体得プログラムを確認

 

 - 人間心理