未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

仕事も恋愛もうまくいく!正しいアファメーションの方法とコツを大公開

   


【未知リッチ運営者】西澤裕倖(にしざわひろゆき)
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。現在まで3000人以上の個人セッションを通じて、自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して、無料メルマガやセミナーで伝えている。

 

今回は、この記事だけでアファメーションを正しく実行できるように、「アファメーションの効果、科学的根拠、その具体的な方法や、成功させるためのコツ」という、盛りだくさんな内容でお伝えします。

 

アファメーションは、「潜在意識・脳科学」の界隈ではよく聞かれる言葉で、あなたの願望を引き寄せる効果があります。「アファメーションに興味は沸いたけど、具体的にはどうしたらいいの?」と思い、このページを訪れた方も多いのではないでしょうか。

 

アファメーションを正しく実行し、あなたの願望を叶えていただけるような内容にしましたので、ぜひ最後までご覧ください。

 

「まだアファメーションをやったことがない!」という方や、「アファメーションって本当に効果があるの?」と懐疑的な方にも、分かりやすく解説いたします。

 

アファメーションって何?その効果とは?

アファメーションとは、「言葉の持つパワー」を利用して潜在意識(自分では意識できない無意識の思い込みの部分)を書き換えることを指します。理想の自分に向かうための文言(「自分にはできる」「○○を達成している」など)をつくり、何度も言ったり書いたりすることで自分に刷り込み、あなたの中に「思い込み」をつくっていくのです。

 

思い込むことができれば、理想の自分がとるような行動を自然と選択できるようになり、理想のあなたに近づいていけるようになります。

 

 

アファメーションの効果は「願いを叶えるため」とよく言われますが、それだけではなく、セルフイメージを高めるという効果もあります。

 

セルフイメージが低いと、勝手に自分でブロック(制限)をかけてしまい、それ以上の自分になろうとすることが難しくなります。たとえば、以下のように思い込んでしまっている場合、それ以上を望むことは難しいでしょう。

 

  • 給料が安い今の仕事が身の丈に合っている
  • 自分では、素敵な人と結婚できない
  • 世界を股にかけて仕事するなんて、自分には無理
  • お金は、辛い仕事をしてやっと稼げるもの

 

アファメーションは、上記のような自分で作ったブロックを壊してくれます。

 

ですので、目標や願いが叶うころには、自己肯定感も同時にあがっているでしょう。「自分にはそれだけの価値がある」「自分はそれを受け取るのは当然だ」というセルフイメージを手に入れられます。

 

アファメーションをすると、自分で決めつけていた「自分の器」を広げることができます。器が広がれば、それまではできないと思っていたことも、「どうしてできないと思い込んでいたんだろう」と不思議になり、いとも簡単にできるようになるでしょう。

 

アファメーションでは言葉のパワーを使い、願望を叶えたり、セルフイメージを高めたりすることができるのです。

 

アファメーションで本当に願望は叶う?科学的根拠や成功事例はあるの?

アファメーションで本当に願望が叶うのか、懐疑的な方もいらっしゃるでしょう。願望を何度も唱えているだけで、理想の自分になれるなんて、疑ってしまいますよね。

 

 

ここでは、脳科学・心理学的な話や、アファメーションによる成功事例をお伝えしていきます。

 

ホメオスタシス(恒常性)

脳には、視床下部が司っている「ホメオスタシス(恒常性)」という性質があります。ホメオスタシスについて、Wikipediaには以下のように定義されています。

 

恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシス(希: ὅμοιοστάσις、英: homeostasis)とは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである。

(引用元:Wikipedia-恒常性

 

つまり、脳の性質であるホメオスタシスは、「安定が大事!今の環境から変わらないようにしよう」と働きかけてくるのです。

 

脳が一番大事にするのは、「死なないこと」です。「今が安定しているんだから、危険なことを始めるな!」と言ってくるわけですね。

 

つまり、「コンフォートゾーン(快適だけど、挑戦しないゾーン)にいなさい!」と私たちに働きかけてくるのです。新しいことを始めようとしてもなかなか始められないのは、この脳の働きのせいでもあるのです。

 

その脳の性能によって、新しく何か始めようとしてもなかなかうまくいきません。そこで、アファメーションによって「脳をだます」ことを先に行い、理想に向かって自然と努力したくなる脳の状態をつくっていきます。アファメーションによって潜在意識を変えることは、脳科学的には理にかなった方法なのです。

 

プラシーボ(プラセボ)効果

プラシーボ効果とは、「偽薬(効果のない薬)を投与したにも関わらず、効果が表れる」という現象のことです。つまり、思い込みによって、実際に効果が表れてしまうということです。Wikipediaには、以下のように定義されています。

 

プラシーボ効果(placebo effect)、プラセボ効果とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられることを言う(例:ただのキャンディを酔い止めと思い込ませて舐めさせると酔いがおさまる)。

(引用元:Wikipedia-偽薬

 

「そんなこと、本当なの?」と思ってしまいますが、あらゆる実験で約30%の人が効果を示しています。

 

プラシーボ効果を最初に発表したのは、麻酔実験学者であるヘンリー・ビーチャー。 約1000人もの人に対し実験を行い、その中の35%もの人が鎮痛効果を示したそうです。

 

未だに医学的に完全な説明はなされていませんし、約3割という結果の出方ではありますが、あらゆる実験でその結果が出ていることは事実です。

 

これは、「思い込みが結果に反映される」ということの根拠になり、アファメーションに効果があるということの裏付けになると言えるでしょう。

 

スコトーマ(心理的盲点)

スコトーマ(心理的盲点)というものが、脳の性能上存在します。

 

脳には「RAS(網様体賦活系)」という機能があり、重要であると判断した情報のみを集めるという性質があります。つまり、自分の意識していない情報は勝手にシャットアウトされてしまい、スコトーマ(心理的盲点)が発生します。

 

世の中にはたくさんの情報があふれていますが、すべてに関心が行き届いてはいないものです。たとえば、それまでは関心がなかったのに、子どもができてから、他の親が子どもにどんな服を着せているかが気になったり、ニュースを見ていても育児関連のものに目がいくようになったりと、自然と育児情報が入ってくるようになるというのはよくある話です。

 

アファメーションを行うと、そこに意識を集中させることになるので、あなたに必要な情報が自然と入ってくるようになります。目の前にチャンスが訪れた際も、すぐにつかむことができるようになるはずです。

 

著名人もアファメーションを利用して成功を手にしている

著名人の方で、アファメーションを利用して成功を手にした人がいます。誰もが知っている、世界で活躍をしている著名人もアファメーションを行っていたというのも、一つの裏付けになるでしょう。事例として5人ご紹介します。

 

本田圭佑

本田圭佑選手は、元日本代表のプロサッカー選手ですが、小学校の卒業文集で、「ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたいというよりなる」と書いていました。

また、「セリエAに入団して年収40億を稼ぎ、プーマと背番号10番で契約する」とも、小学生の段階で具体的に書いていたのです。

 

宇多田ヒカル

宇多田ヒカルは日本でブレイクしたのち海外でも活躍する歌手ですが、無名時代から「海外のプロデューサーと一緒に仕事をして、世界で売り出していく」という発言をしていました。

 

平井堅

平井堅は、日本の人気歌手ですが、無名時代四畳半の部屋に「歌手になる」と大きな紙に書いて貼っていました。

 

尾田栄一郎

尾田栄一郎は、人気漫画ワンピースの作者。彼は、漫画家を目指すために大学を中退し、有名になるからと言って周囲にサインを配っていました。

 

松田聖子

松田聖子は、歌手であり女優。1980年代を代表するアイドルでもあります。そんな彼女は鏡に向かって「私はかわいい」と言うのを習慣にしていました。

自分のセルフイメージもしっかりと持っていて、ある番組の打ち合わせで「松田聖子はこんなことしない」と発言したこともあります。

 

このように、著名人もアファメーションを利用して成功をつかんでいます。成功マインドを手に入れるためにも、アファメーションを行ってみることはおすすめです。

 

アファメーションが成功する文言の決め方

アファメーションには、願いを口にしたり書いたりする方法がありますが、文言を決めるに当たって、5つのルールがあります。

 

  1. 進行形または完了形で断定的な言葉を使う
  2. 肯定的な言葉だけを使う
  3. 「私は」で始める
  4. 自分に響く、信じられる言葉を選ぶ
  5. 気持ちを高めてから言葉を選ぶ

一つずつ詳しく解説していきますね。

 

進行形または完了形で断定的な言葉を使う

潜在意識は常に「いま、ここ」の現在形です。だから、「○○したい」という予定や願望ではなく、「○○ができている」「○○できた」という進行形か完了形の言葉を使います。

 

「○○したい」「○○できますように」では、いつまで経っても「○○したい自分」や、「○○できていない状況」を引き寄せてしまいます。

※思い通りの願いを引き寄せる「引き寄せの法則」については『引き寄せの法則の本質とやり方はこの1記事で完ペキ!』を参照してください。

 

アファメーションでは断定的な言葉を使いましょう。例えば「○○する」「○○できた」などです。

 

肯定的な言葉だけを使う

アファメーションの文言では、肯定的な言葉だけを使うようにしましょう。

肯定的な言葉

「困らない」「怖くない」「なくならない」などは、否定形+ない、という言葉の組み合わせです。困らない=困る+ない というように。

 

しかし潜在意識は単語しか認識しないので、単語にフォーカスしてしまいます。「困らない」なら「困る」と「ない」です。それでは本当に、困ることとないことを引き寄せてしまい、困った結果になってしまいます。

 

アファメーションの時には、肯定的な言葉に置き換えて使います。「お金の心配がない暮らしができている」なら、「お金があり余るほどある生活を送っている」というように。

 

また、「もっと」という言葉も、「今は○○しかない、足りていない」と暗に言っているのと同じことになるので、「日ごとに増す」という風に言い換えるといいかもしれません。

 

「私は」で始める

自分事にするために、「私は」で始まる文言に決めましょう。

「私は」

アファメーションはあくまでも自分自身を変えるためのもので、自分以外の人間を変えることはできません。

 

たとえば、「息子がずっと健康でいられますように」は、主語が自分ではなく息子になってしまっています。この場合だったら、「私は息子がずっと健康でいられるように配慮できています」というように、自分が尽力でき、効果が出ている、という文言にしましょう。

 

自分に響く、信じられる言葉を選ぶ

せっかく文言を決めたとしても、自分に響かない、信じられない言葉を選んでしまうと失敗してしまいます。

 

唱えながらも「そんなの自分らしくないな」とか、「自分とは正反対すぎる」のように、マイナスなことを考えてしまうと、潜在意識もそちらに流されてしまうのです。

 

自分に響く、100%信じられる言葉を選ぶようにしましょう。

 

気持ちを高めてから言葉を選ぶ

言葉を選ぶとき、これから叶える願望にワクワクしながら言葉を選ぶようにしてください。深く落ち込んでいるなど、どうしても気持ちを高められないようなときには言葉を選ばない方がいいでしょう。

 

気持ちが高まっていないときは、「自分には○○なんてできない」というようなネガティブ思考になりがちです。そのようなときに言葉を考えても、本当の理想は思い描きづらく、あなたに相応しくない文言になってしまいがちです。

 

あなたのなりたい理想について考えるとき、気持ちは自然と高まるはずです。ワクワクした気持ちで文言を選びましょう。

 

アファメーションの具体的な文言集

アファメーションの文言を決める際の注意点はお伝えしましたが、具体的な文言もこちらでご紹介します。こちらの例をそのまま使っても構いませんし、自分でつくってももちろんOKです。

 

文言集を見ながら、あなたが反復する文言を決めましょう。

 

自信に関する文言例

  • 私は、○○ができる
  • 私は、毎日豊かになっています
  • 私はなんて幸せなんだろう
  • 私を取り巻くすべてはうまくいっている
  • 私には愛される価値があります
  • 私の能力は向上させられると知っています
  • 毎日感動しています
  • 私はいつでもうまくやれます

 

お金・仕事に関する文言例

  • 私は好きなことで、毎月500万円を稼いでいます
  • 私はいつもお金に余裕があります
  • お金はわたしにどんどん流れてきます
  • 毎月貯金をします
  • 私には豊かになる権利があります
  • 遊んでいてもお金が舞い込んできます
  • 旅行はいつもファーストクラスです
  • お金を自由に使い、充実した毎日を送っています

 

恋愛に関する文言例

  • 私は○○さんから愛されています
  • 私は○○さん結婚し、毎日が幸せです
  • 私は一生愛せる人と出会って、幸せです
  • 私は○○さんを愛せることが幸せです
  • 私は○○さんから愛される価値があります
  • 私はモテる
  • 私は魅力的で、誰からも愛される
  • 私の笑顔はみんなを幸せにし、多くの異性が私に引き寄せられる

 

アファメーションの実践方法!7つの方法をご紹介

アファメーションの文言を決めたら、実践に移していきましょう。以下の7つの実践方法をお伝えします。

 

  1. 感情を乗せて、声に出す
  2. 紙に書く
  3. 録音した声を聞く
  4. 人に言ってもらう
  5. できたことをノートに書く
  6. 体験しに行く
  7. 日常に小さな変化を加える

 

3つの効果

 

この7つの方法は組み合わせて行うと効果的ではありますが、初めはどれか1つから始めてみるといいでしょう。

 

アファメーションは習慣化させて長期的に続けると良いものですが、習慣化するには、いきなりたくさんのことをやろうとするよりも少しずつの方が成功しやすいです。

 

無理せず、できそうなものから取り組んでみてください。

 

声に出す

声に出す方法は、最も有名な方法です。朝起きたとき、帰宅したときなど、タイミングを自分で決めて、決まった文言を声に出すようにしましょう。

 

アファメーションは言葉を自分の口で言うことで、耳からも情報が入り、潜在意識を書き換える力が強くなります。

 

トイレなど、毎日何度も行く場所の壁に紙を貼っておき、見たら声に出すという方法も続けやすいです。スマホの待ち受けにしておくのもいいですね。

 

紙に書く

決まった文言を決まったタイミングで、紙に何度も書いていくという方法があります。紙に書くという動作を行うことで、自分の意思を脳に刷り込んでいきます。

 

書く紙やペンなどは何を使っても問題ありません。何度も繰り返し書いていきましょう。

 

録音した声を聞く

「声を出す、紙に書く」という方法が知られていますが、自分の声を録音し、聞くというのも効果的なのでおすすめです。

録音する機材は、スマートフォンの録音アプリなどお手持ちの録音機器でOKです。自分の声を録音し、いつでも聞けるような状態だとベストです。

時間を決めて聞いてももちろんいいのですが、いつでも持ち歩き、移動中、家事をしながら、入浴中や就寝時など、聞けるタイミングでいつでも聞くといいでしょう。

 

録音するメリットは、自分で言わなくても自動的に耳に言葉が届くことにあります。

自分で声を出せばいいかもしれませんが、外にいるときなどは人目もあるし、いつでも唱えられるわけではありません。そんなとき、アファメーションを自分で録音しておくことで、いつでも耳に言葉を届けることができます。

 

眠っているときにも、録音を聞くのは効果があります。
眠っているときは、身体も脳もリラックスし、より潜在意識に入りやすくなっているためです。

ただし、一晩中流しっぱなしにしておくと睡眠の妨げになってしまう可能性もあります。
もしスマートフォンでする場合、アプリがタイマー付きなら、タイマーを利用して30分程度にするのが良いでしょう。

 

入眠するときと起床するときは、現実と夢の狭間のようで、脳はどちらが現実が区別がつきづらくなります。つまり、潜在意識を書き換えやすい時間なので、入眠と起床時の30分ずつに流すのが効果的です。

 

音量は、聞き取れるかどうかくらいの小さな音にしましょう。あまり音が大きいと脳が目覚めてしまうからです。ウトウトしているときが狙い目です。

 

人に言ってもらう

自分で言わないやり方として、人に言ってもらうという方法もあります。こちらの方が自分で唱えるよりも、脳に訴えやすいです。

 

「私は美人だ」と自分で唱えるよりも、「あなたは美人だね」と他人に言われた方が、自分を納得させやすそうではありませんか?

 

頼みづらいかもしれませんが、そのようなことが頼める関係の方がいるなら、言ってもらうといいでしょう。このとき、お願いする相手は慎重に選びましょう。この後でもお伝えしますが、基本的にはあなたの願いは周囲の人にヒミツにした方がいいです。

 

こちらをお願いすることで変な目で見てきそうな人にお願いすると、あなたが願いを叶えるための障害になりかねません。

 

そのようなことがなく、安心して頼める方がいらっしゃる場合は、効果的な方法ですので頼んでみてください。

 

できたことをノートに書く

あなたの理想を叶えるために、できたことを小さいことでもいいのでノートに書いていきましょう。

 

ノートに書き溜めていくことで、少しずつ前進していることが証拠として残るので、あなたの自信につながります。

 

たとえば、あなたの願望が「私には愛される価値がある」である場合、「今日は仲が良くなかった同僚に笑顔であいさつできた」、「好きな人に声をかけることができた」や、「3人に感謝の言葉をかけることができた」など、できたことをノートに記録していきます。

 

振り返ってみると、「私は人に良いエネルギーを送り続けてる!他人に貢献できているな」と思えるようになるはずです。

 

日記をつける感覚で、毎日数行でいいのでノートに向き合う習慣をつくりましょう。どんなに小さなことでも構いませんので、記録してみてください。

 

体験しに行く

実際に、あなたの願望に近づける体験しに行きましょう。毎日のアファメーションに加え、実際に体験しに行くことで、あなたの願望はより実現に向かっていきます。

 

脳へのアプローチとしても、毎日唱えるだけではなく、実際に体験しているほうが潜在意識を変えることに効果的です。脳が、すでに理想が叶ったと錯覚してくれるので、そこに到達していない現状に違和感を覚え、努力したくなってしまうという現象がおこります。

 

体験というのは、たとえば「お金持ちになってタワーマンションに住む」というのが願望なら、実際にタワーマンションの内覧に行ったり、「やせてきれいになる」が願望なら、やせている自分を写真アプリの加工でシュミレーションしてみたりということです。理想に近づいてみてください。

 

願望が叶った自分に近づく体験をしてみることで、より達成したいという気持ちがわき、現実は理想に近づいていくのです。

 

日常に小さな変化を加える

今の潜在意識は過去の行動や意志によってできているので、変わらずにいると現実を変えることは難しいです。今から未来を変えたいはずです。そのためには、少しでもいいので日常を変えていく必要があります。

 

普段なら読まない本を手に取ってみたり、3回だけスクワットをしてみたり、少しでいいので日常を変えていく意識をもちましょう。

 

理想は待っていても訪れません。アファメーションによって意識を整えてから、少しずつ行動に移していくことが重要です。毎日一つでもいいから、いつもと違うことをしてみてください。

 

アファメーションを成功させるコツ

アファメーションを毎日やっているのに効果が出ない、という人もいます。もしかしたら、これからお伝えするコツを押さえていないことが原因かもしれません。

 

  • 効果的なタイミングでアファメーションを行う
  • 抵抗を感じる場合、「自分に許可を与える」文言に切り替える
  • 具体的な行動も計画する
  • 願いはヒミツにする
  • 他人と比較せず、自分の成長にフォーカスする

 

コツを押さえることで、アファメーションはより効果的になるでしょう。それぞれについてお伝えしていきます。

 

効果的なタイミングでアファメーションを行う

アファメーションは、寝る前や起きたばかりが効果的です。どちらのタイミングもリラックスしており、潜在意識を書き換えやすい状態になっているからです。

 

寝る前と起きたばかりは必ずアファメーションを行うように、習慣化していきましょう。

 

抵抗を感じる場合、「自分に許可を与える」文言に切り替える

自信がないという方に多いのですが、アファメーションをしていてなんだか抵抗を感じるということもあるでしょう。そんなときは、まず自分に許可を与えるアファメーションをしましょう。

 

「私は○○してもいい」と、自分を許す言葉にするのです。

 

「私はたまには羽目を外してもいい」、「私は嫌な時はNOと言ってもいい」、「私はお金持ちを目指してもいい」、「私は能力を評価されてもいい」というように、決めていた文言を「私は○○してもいい」に書き換えましょう。

 

抵抗感を感じながらのアファメーションは、効果がでないことが多いです。いきなり断言する言葉に抵抗があるとう方は、自分を許す言葉でアファメーションを行い、抵抗感がなくなってきたら元の断言する文言に切り替えてみましょう。

 

具体的な行動も計画する

アファメーションを行い成功した著名人として紹介した方々も、努力なくしてそこにたどり着いた方はいませんよね。アファメーションだけで、プロのサッカー選手にはなれません。

 

年・月・週・日ごとに目標を立てたり、レベルアップを図ったりと、理想のあなたになるための行動計画をたてることも併せて行いましょう。

 

アファメーションは、行動しやすくなるための手助けでしかありません。アファメーションの効果は、脳を自然と理想に向かって努力できる状態に変えていくというものです。ですので、具体的な行動が決まっていなければ、せっかく脳がやる気になっても何をしたらいいかわからないという状態になってしまいます。

 

アファメーションとセットで、行動の計画も必ず行うようにしましょう。

 

願いはヒミツにする

あなたの願いは、周囲の人にヒミツにしましょう。周りの人から「そんなの叶うわけない」と思われてしまうと、あなたも流されて「やっぱり叶わないのかな」と思ってしまう可能性があるからです。

 

何かに挑戦している人や、理想が高い人を見ると、批判的なことを言いたくなってしまう人は存在します。そんな人に引っ張られてしまうのはもったいないです。

 

この人なら応援してくれるという、信頼できる人には伝えるといいと思いますが、基本的にはヒミツにすることをおすすめします。

 

他人と比較せず、自分の成長にフォーカスする

他人と比較して、自分が劣っていると感じてしまうのはもったいないです。進行状況は人それぞれですし、自分よりうまくいっている人を見てがっかりすることは、むしろ願望を叶えるうえでマイナスです。

 

他人と比較して「やっぱり自分にはできない」と感じてしまっては、モチベーションが下がり、前進しづらくなってしまいます。

 

また、周囲よりできているという状況をモチベーションにするというのも、あまりよくありません。周りの人がやる気を出したときに、あなたのモチベーションが下がってしまう恐れがあるからです。他人に左右される精神状態は、好ましくありません。

 

あなたは、あなたの理想が叶えられればいいはずですし、少しずつ成長していく自分を楽しみましょう。他人と比較すると、他人の状態に左右されることになってしまいます。自分の成長にフォーカスしましょう。

 

【まとめ】正しいアファメーションで、理想の自分に近づける!

アファメーションについて、その根拠、方法やコツをお伝えしました。ファメーションは引き寄せの法則で度々登場する方法です。特別な道具も必要ありませんし、「今の自分から変わりたい」という方は、ぜひ取り組んでみてください。

 

アファメーションは言葉の力を使ってあなたの潜在意識を書き換えるためのものなのですが、現在未知リッチでは、「潜在意識で人生を書き換えるメール講座」という潜在意識書き換えのためのメール講座も配信しています。

 

「潜在意識で人生を書き換えるメール講座」はその名のとおり、潜在意識を書き換えることで人生をより良くするためのものです。

 

すでに1万人を超える読者さんからは、潜在意識が書き換わったことにより、「恋人ができた!」、「収入が2倍になった!」などの嬉しい声もいただいています。

 

無料で簡単に登録できますので、アファメーションを実践するなら、ぜひ一緒にチェックしておいてください。

⇒3000人の人生相談から導き出した!願った通りの使命を引き寄せるたった1つの方法とは?

 

アファメーションを実践することで潜在意識を書き換えて、あなたの理想を引き寄せましょう。

【オススメ記事】自分らしく生きるための方法

3000人の人生相談から導いた理想の人生を引き寄せる方法!自然体のまま人生を変えた人が続々現れる理由とは?

自分なりに努力しているのに、なんだか人生がうまくいかない…

自分らしい人生をイキイキと歩んでいきたい…

そんな悩みを抱えてモヤモヤしていませんか?

私たちの人生をコントロールしているのは、意識の97%を占める「潜在意識」であると言われています。

たった3%の意識で頑張っていても、潜在意識が邪魔をすると、私たちの人生はなかなか変化しません…

反対に、潜在意識さえ書き換えてしまえば、自然と自分らしい理想の人生に近づいていきます。

「潜在意識の書き換えなんてできるの!?」と疑問に思う人や、スピリチュアルやカウンセリング、ヒーリングに興味がある方に絶対に知ってほしい、理想の人生を引き寄せる方法とは?

>>潜在意識の書き換え方はこちらの記事で

 

 

 

続いて読みたい記事:
3000人の人生相談から導き出した!願った通りの使命を引き寄せるたった1つの方法とは?

 

 - 自己啓発