未知リッチ

科学で証明されていないけど、人生を豊かにしてくれる確かな知識とノウハウをあなたに。未知の可能性を見方につけて一緒にリッチになりましょう。

ブラッドムーンとは?2021年に日本で見れる!パワーや地震との関係は?

   

真っ黒な背景に赤い月が浮いている
【未知リッチ運営者】西澤裕倖(にしざわひろゆき)
潜在意識に存在する【メンタルブロックを取り除くこと】を専門とする心理セラピスト。現在まで3000人以上の個人セッションを通じて、自身で発見した心のブロックの外し方を体系化して、無料メルマガ・LINEやセミナーで伝えている。
 

 

「大災害の前兆」「不吉な力がある」といわれる、赤黒い月、ブラッドムーン。

ニュースで話題になることもあるため、実際に見たことがあるという人もいることでしょう。

綺麗でもありますが、赤黒い月には不気味な雰囲気がありますよね。
実際に、「ブラッドムーンは災害の予兆」なんて言われることもあります。

 

このブラッドムーン、普段と違う色なのはなぜでしょうか。

そしてなぜ、このような名前なのでしょうか。

また、「南海トラフ地震などの巨大地震と関係がある」というのは事実なのでしょうか。

あなたは今、ブラッドムーンが現れると大きな災害が起きるのでは……と不安に思っているかもしれませんね。

ブラッドムーン、いろいろと気になることの多い現象です。

 

そこで今回は、

  • ブラッドムーンとは、どのような現象か
  • ブラッドムーンが次に日本で見られる日
  • ブラッドムーンとストロベリームーンの違い
  • スーパーブラッドウルフムーンについての予言
  • ブラッドムーンの不吉なパワーに負けない方法

などについて紹介していきます。

 

最後まで読んでいただければ、ブラッドムーンについての知識が深まることでしょう。

また、不吉なパワーに負けない方法についても知ることができます。

それではさっそく、見ていきましょう。

 

ブラッドムーンとは、皆既月食で月が赤黒い色に見える現象

月が赤黒く見えるのは、地球の影が完全に月にかかる、「皆既月食」のときに起こる現象です。

皆既月食

試しに検索サイトで、「ブラッドムーン」と検索してみましょう。

すると、言葉の意味として、皆既月食という言葉が表示されるサイトもあります。

皆既月食の他にも月が赤っぽく見える現象はありますが、ブラッドムーンという言葉は「皆既月食で月が赤黒く見えること」を意味しています。

 

ブラッドムーンと呼ばれる理由

「ブラッドムーン」は、英語で書くと”blood moon”となります。

このブラッドとは「血」のことです。

そのため、ブラッドムーンを直訳すると、意味は「血の月」となります。

赤銅色とも呼ばれる赤黒い月の色が、血を思わせることから付けられた名前です。

確かに、ブラッドムーンは、どこか血を思わせるような色をしていますよね。

 

ブラッドムーンが赤く見える理由

では、なぜ皆既月食中の月「ブラッドムーン」は赤く見えるのでしょうか。

 

皆既月食のとき、太陽と地球と月は一直線に並んでおり、月は必ず満月です。

そして本来は太陽の光があたるはずの部分が、地球の影に入ります。

影といっても、普通の影とは違い、真っ黒ではありません。

 

地球の大気により、太陽の光のうち、波長の長い赤系の光が屈折、散乱されて影の中に入ります。

この赤系の光が影の中に入ることによって、月食の月は赤黒く見える、という仕組みになっています。

日が落ちるとき、太陽が赤く見えますが、それと同じ仕組みです。

なお、大気に浮遊するチリの量に応じて、黒っぽさの度合いが変わってきます。

 

皆既月食は数時間続きます。

そのあいだ、この月が赤黒く見える現象も続きます。

 

スーパーブルーブラッドムーンとは

2018年1月31日、「スーパーブルーブラッドムーン」という現象が発生するとして、話題となりました。

地球上で、スーパーブルーブラッドムーンが前回確認されたのは35年前。

アメリカでは150年ぶりの観測となったこともあり、多くの人が天体観測を楽しみました。

 

さて、このスーパーブルーブラッドムーンとは、

  • スーパームーン
  • ブルームーン
  • ブラッドムーン

という3つの現象が、全て同時に起こるものです。

 

まずは、それぞれの現象について見てみましょう。

 

◆スーパームーン

満月または新月が通常よりも地球に接近し、大きく見えること。
発生の頻度:満月の場合、1年に1回程度

 

◆ブルームーン

1季節に満月が4回あるときの、3回目の満月のこと。
発生の頻度:1~3年に1回程度

※関連記事
「完全理解!ブルームーンとは?次はいつ見れる?パワーについても解説」

 

◆ブラッドムーン

皆既月食で月が赤黒く見えること。
発生の頻度:発生しない年もあれば、1年間に2~3回起こる年もある

 

スーパーブルーブラッドムーンは満月2380回に1回発生するという計算になります。

そのため、見られるのは平均して265年に1度といわれています。

 

残念ながら、日本で次にスーパーブルーブラッドムーンを観測できる日付は不明となっています。

なぜなら、スーパームーンの発生日時を正確に特定することができないからです。

 

ブラッドムーンが次に日本で見られるのは2021年5月26日

「スーパーブルーブラッドムーン」が見られる日は不明ですが、通常のブラッドムーンについては、2021年5月26日に見ることが可能です。

カレンダーとペン

この日は、地域によっては月がのぼってきた段階ですでに部分食が始まっています。

これは「月出帯食(げつしゅつたいしょく)」と呼ばれています。

 

そして、月出帯食ではなく、ブラッドムーンを次に最初から最後まで見られる日は、「2022年11月8日」です。

 

ブラッドムーンとストロベリームーンのパワーと違い

ブラッドムーンと同じように赤みがかった月として、「ストロベリームーン」と呼ばれている月もあります。

このストロベリームーンは、なんとなく不吉なイメージが強いブラッドムーンとは違い、恋愛に影響するパワーがあるといわれています。

そのため最近ではSNSでも話題となることがありますね。

 

この2つの月の違いはいったい何なのでしょうか?

  • ブラッドムーンのパワー
  • ストロベリームーンのパワー
  • ブラッドムーンとストロベリームーンの違い

について、それぞれ説明していきますね。

 

ブラッドムーンのパワー

ブラッドムーンには「不吉な力がある」と考えられています。
それは、不気味な色だけが原因となっているわけではありません。

キリストが表紙にあしらわれた聖書

 

旧約聖書には、以下のような記述があります。

「小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった」

(ヨハネの黙示録 第6章12-14節)

「わたしはまた、天と地とにしるしを示す。すなわち血と、火と、煙の柱とがあるであろう。主の大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る

(ヨエル書 第2章30-31節)

 

どちらも、かなりおそろしい文章ですよね。

ヨハネの黙示録にある「月は全面、血のようになり」という部分と、ヨエル書にある「月は血に変る」という部分。

これが意味するものがブラッドムーンだという説があります。

 

キリスト教徒でなくても、「ヨハネの黙示録」という言葉を聞いたことがある人は多いことでしょう。

ヨハネの黙示録は、終わりの日に関する神の預言であるとされています。

そこに、ブラッドムーンを連想させる表記があることから、

「大災害の前兆」
「不吉な力がある」

と考えられているのです。

 

ストロベリームーンとは

ストロベリームーンとはかわいらしい名前ですが、いちご色の月を表しているわけではありません。

転がるいちご

 

この名前をつけたのは、ネイティブ・アメリカンです。

ネイティブ・アメリカンは、1年に12回ある満月に、季節に応じた名前をつけています。

その中で、6月、夏至近くの満月の名前が「ストロベリームーン」となっているのです。

なお、ストロベリームーンとは学術用語ではなく、あくまで俗称です。

そのため、はっきりとした定義はありません。

 

この「ストロベリームーン」(=6月の夏至近くの満月)も、名前の通りに月の色がいちごのような、赤っぽい色に見えることがあります。

また、赤だけではなくオレンジ色、濃い黄色などに近い色となることもあります。

これは、夏は太陽の位置が高く、月の位置が普段よりも地平線に近いからです。

ただし、ブラッドムーンとは違って赤黒い色にはなりません。
普段と変わらない色に見えるときもあります。

 

ストロベリームーンのパワー

ストロベリームーンには、恋愛に関するパワーがあるといわれています。

由来は明確ではないのですが、ストロベリームーンを見ると、

  • 幸せになれる
  • 好きな人と結ばれる

といわれています。

不吉な印象の強いブラッドムーンとは違い、とてもロマンティックですね。
そんなパワーがあるのなら、ぜひ見てみたいものです。

夏至に近い満月の晩には、ぜひ夜空を眺めてみましょう。

もしかしたら、恋愛に関する願い事が叶うかもしれませんよ。

 

ブラッドムーンとストロベリームーンの違い

月が赤っぽく見える、ブラッドムーンとストロベリームーン。
この2つの月の違いをまとめてみましょう。

  ブラッドムーン ストロベリームーン
名前の意味 血の月 苺の月
赤黒い 赤っぽい、またはオレンジ色や濃い黄色
状態 皆既月食 夏至近くの満月
赤く見える理由 大気中の赤系の光が屈折散乱し影の中に入るため 月の位置が普段よりも地平線に近いため
パワー 不吉な力、災害の予兆 幸せになれる、好きな人と結ばれる
発生の頻度 1年に0~3回 1年に1回

 

赤く見える理由も、持っているといわれるパワーも全く違いますね。

 

【噂はウソ】スーパーブラッドウルフムーン後に巨大地震は起きなかった

通常のブラッドムーンではありませんが、「スーパーブラッドウルフムーンが巨大地震を起こす」という噂があります。
しかし、これについては嘘と断定できます

顔を抱えてハテナマークを浮かべる子ども

 

この噂については、何の根拠も事実もないのです。

そもそも日本は地震大国と呼ばれるほどに、地震が多い国ですよね。

なので、スーパーウルフブラッドムーンと地震を関連付けるのはこじつけと考えるほうが自然です。

何の根拠もない噂に惑わされて、必要以上に不安にならないように注意しましょう。

  • スーパーブラッドウルフムーンについて
  • 噂の真偽について

それぞれ説明しますね。

 

スーパーブラッドウルフムーンとは

このスーパーブラッドウルフムーンとは、月に関する3つの現象を表す言葉です。

おさらいを兼ねて、それぞれの現象について、ひとつずつ見ていきましょう。

◆スーパームーン
満月または新月が通常よりも大きく見えること。

◆ブラッドムーン
皆既月食により、月が赤く見えること。

◆ウルフムーン
ネイティブ・アメリカンによる、1月最初の満月につけられた俗称。

つまり、スーパーブラッドウルフムーンとは、
「普段より大きな1月の満月が、皆既月食で真っ赤になる現象」
のことを表しています。

 

「ウルフムーン(狼月)」という名前には、どこか怖い印象がありますよね。

しかしこれは、単に1月の満月を表す言葉なので、「ウルフムーン」という言葉に怖い意味はないのです。
この名前は、真冬の食糧不足を嘆く飢えた狼の遠吠えに由来しているといわれています。

 

スーパーブラッドウルフムーンで巨大地震は発生せず

2019年1月、「スーパーブラッドウルフムーンによって南海トラフ巨大地震が発生する」という予言があり、話題となりました。

質問サイトには、関連する多くの質問が残っています。

めずらしい現象を前に、予言や噂によって不安を覚えた人が多かったようです。

しかしご存じの通り、2019年1月には南海トラフ巨大地震は発生していません。

 

南海トラフ巨大地震とは

この南海トラフ巨大地震とは、「繰り返し発生している、南海トラフ沿いが震源域と考えられている巨大地震」のことです。

南海トラフ地震は、これまで100~150年間隔で繰り返し発生しています。

前回の南海トラフ地震は、昭和東南海地震と昭和南海地震の2つです。

いずれも70年以上前に発生した地震です。

前回の発生から年月が経過したことから、次の南海トラフ地震が危惧されているのですね。

もちろん発生時には大きな被害が想定されていますから、南海トラフ巨大地震については、現在も研究が進められています。

 

そして、2019年1月にはこの巨大地震は起きませんでした。

つまり、スーパーブラッドウルフムーンに関する予言は外れているのです。

 

南海トラフ巨大地震は、ブラッドムーンとは関係なく、100~150年という一定の間隔で起こる巨大な地震です。

前回の発生から時間がたっているのでそろそろ起こってもおかしくないという懸念はありますが、ブラッドムーンとは関係がありませんので、「ブラッドムーンが出たから地震が起こる!」など変に不安にならないようにしましょう。

 

【まとめ】ブラッドムーンの不吉な力に負けないことが大切 

災害の前兆、不吉なパワーを持つなどと言われるブラッドムーンについて説明してきました。

赤い水と惑星と月

ブラッドムーンとは「皆既月食によって赤黒く見える月」のことです。

実際にブラッドムーンが災害の予兆になったという前例はありませんが、旧約聖書・ヨハネの黙示録に、ブラッドムーンに関すると思われる不吉な予言が記されているなどの理由で不吉なパワーがあると考えられています。

 

不吉な力を持つイメージが強いため、2019年1月21日のスーパーブラッドウルフムーンでは、「南海トラフ巨大地震が起きる」「首都直下型地震が起きる」などの噂や予言がささやかれました。

しかし前述の通り、前回のスーパーブラッドウルフムーンや、ブラッドムーンが現れた際に心配されたような巨大地震は発生していません。

 

ブラッドムーンが出たからといって、変に不安になる必要はないのです。

とはいえ、ヨハネの黙示録にもある通り、ブラッドムーンが不吉なものの象徴であることは事実。

あなた自身がブラッドムーンの力に影響されて、不吉なものを引き寄せてしまう可能性は否定できません。

もしあなたが「ついネガティブになりがち」「自分は不幸体質かも」「なぜか良くないことばかり起きる」など感じているのであれば、特に気を付けてください

 

常に幸運を引き寄せることを意識しましょう。

幸運を引き寄せる方法としておすすめなのが「引き寄せの法則」です。

引き寄せを身に付けることで、ブラッドムーンの不吉なパワーにも負けずに良いことを引き寄せられるようになりますよ。

 

「引き寄せの法則」を一言でいうと、潜在意識と呼ばれている人間の深層意識を書き換える手法です。

それによって、自分自身の願いを引き寄せるのです。

潜在意識は、人間の意識のうち97%を占めているといわれています。
普段潜在意識は、私たちが意識できるたった3%の部分(=表層意識)に覆われてしまっています。

そのため、何もしなければ潜在意識について自分で自覚することすらできません。

潜在意識の書き換えは簡単ではありませんが、
もし望む通りに書き換えることができれば、自然と潜在意識に基づいた行動を取るようになる→人生が望む方向に進んでいくのです。

 

いきなり潜在意識を変えようと思っても難しいですが、だからといってあきらめていては何も変わりません。

そこで現在、未知リッチでは「潜在意識で人生を書き換えるメール講座」という無料メルマガを配信しています。
※メール講座の詳細はこちら

共同運営者である西澤さん(3,000人以上の人生を変えてきた潜在意識書き換えのプロ)が監修しているメルマガですので、メルマガを読むだけでも大きな効果があり、とても好評です。

メルマガ読者さん達の中には、
「収入が上がった」
「恋人ができた」
など、幸せな感想をくださる方も多数います。

 

幸運を引き寄せられるようになるためには、まず行動を起こすことが何より大事です。

この無料メルマガを読んでみるという小さな一歩でもいいのです。

まずは踏み出してみましょう。

メルマガの詳細はこちらで説明しているので、一度チェックしてみてくださいね。
「潜在意識で人生を書き換えるメール講座」

ブラッドムーンの不吉な力に負けない、幸運引き寄せ体質をぜひ身に付けてくださいね。

 

【オススメ記事】自分らしく生きるための方法

3000人の人生相談から導いた理想の人生を引き寄せる方法!自然体のまま人生を変えた人が続々現れる理由とは?

自分なりに努力しているのに、なんだか人生がうまくいかない…

自分らしい人生をイキイキと歩んでいきたい…

そんな悩みを抱えてモヤモヤしていませんか?

私たちの人生をコントロールしているのは、意識の97%を占める「潜在意識」であると言われています。

たった3%の意識で頑張っていても、潜在意識が邪魔をすると、私たちの人生はなかなか変化しません…

反対に、潜在意識さえ書き換えてしまえば、自然と自分らしい理想の人生に近づいていきます。

「潜在意識の書き換えなんてできるの!?」と疑問に思う人や、スピリチュアルやカウンセリング、ヒーリングに興味がある方に絶対に知ってほしい、理想の人生を引き寄せる方法とは?

>>潜在意識の書き換え方はこちらの記事で

 

 

 

続いて読みたい記事:
3000人の人生相談から導き出した!願った通りの使命を引き寄せるたった1つの方法とは?

 

 - スピリチュアル